日刊出版ニュースまとめ 2022.01.16

角川武蔵野ミュージアム 本棚劇場

《この記事は約 5 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

国内

漫画の海賊版サイト、被害1兆円超の推計 前年比4.8倍に急拡大〈朝日新聞デジタル(2022年1月15日)〉

 2021年に海賊版サイトで読まれた漫画の被害額が少なくとも1兆円を超えることが、出版社などでつくる一般社団法人「ABJ」の調べで分かった。前年(約2100億円)の4・8倍に急拡大していた。 ABJに…

電子書籍好調IGポート、通期業績予想を上方修正 売上高118億円へ〈アニメーションビジネス・ジャーナル(2022年1月14日)〉

「ターゲティング広告」規制導入へ ネット利用者を保護 総務省 | IT・ネット〈NHKニュース(2022年1月14日)〉

【NHK】インターネットサイトの閲覧履歴をもとに広告を表示するいわゆる「ターゲティング広告」について、総務省は利用者を保護するため…

電気通信事業ガバナンス検討会|電気通信事業ガバナンス検討会(第16回)〈総務省(2022年1月14日)〉

集英社のファッション雑誌『Marisol』、ECと雑誌を連動させ「コマースメディア」として再始動〈ECのミカタ(2022年1月14日)〉

4月1日(金・時間未定)、スタート予定。Webオリジナルの特集や連載を充実させ、トレンドやおしゃれプロの着こなし術といったファッションの情報をメインに、ビューティー&ライフスタイル情報も提供する。また、Marisol公式読者ブロガー「美女組」のブログ投稿を通してリアルなアラフォー女性たちの姿が垣間見え、共感できる場所へ。この世代の女性の「学ぶ」意欲に応えるオンラインセミナーの開催も予定している。 | ECのミカ...

淡々と読み上げ録音、視覚障害者の読書を支援…「音訳」存続の危機 : 社会 : ニュース 〈読売新聞オンライン(2022年1月14日)〉

視覚障害者らのために書籍などを音読して録音する「音訳」のボランティアが各地で減少し、存続が危ぶまれている。高齢化で担い手が減った上に、新型コロナウイルスの感染拡大で、後継者の養成講座を開けなくなったことが背景にある。ボ

世界

米ニューヨークなど48州、旧Facebookを再提訴〈日本経済新聞(2022年1月15日)〉

【ワシントン=鳳山太成】米東部ニューヨーク州など48州・地域の司法長官は14日、米メタ(旧フェイスブック)を反トラスト法(独占禁止法)違反の疑いで再提訴した。連邦政府と同時に訴えたが、州の提訴は2021年6月に棄却されていた。首都ワシントンの連邦控訴裁(高裁)に上訴した。ニューヨーク州のジェームズ司法長官は声明で「旧フェイスブックの行動は多くの消費者や中小企業に重大な損害を与え続けている」と批

Piracy Crackdown Goes Global〈Good e-Reader(2022年1月14日)〉

Starting this April, thirteen countries are coming together with the goal of fighting intellectual-content piracy. The newly formed International Anti-Piracy Organization (IAPO) requires global cooperation; websites holding pirated content often use offshore servers. Big advocates of film, television, music and the streaming industry are also getting on board. The Motion Picture Association of ...

イベント

深見拓史氏: デジタル出版の未来形-ブックオンデマンド(BOD)-〈日本電子出版協会(オンライン)/1月18日〉

フォーラム「メディアに不可欠なDXの本質」〈東洋経済新報社(オンライン)/1月25日〉

メディア企業に今、不可欠なDXとは何か、ユーザーニーズを迅速に捉え、刺さるコンテンツを作るために、どのようにテクノロジーを活用していけばよいのかを考察

第5回デジタルアーカイブ産学官フォーラム「コロナがもたらしたもの ~withコロナで加速するデジタルアーカイブ~」〈内閣府知的財産戦略推進事務局・国立国会図書館(オンライン)/1月26日〉

産業とデータ・コンテンツ部会キックオフ連続フォーラム第3回「デジタルアーカイブを基盤とする産業振興政策:海外の動向とジャパンサーチの可能性」〈デジタルアーカイブ学会(オンライン)/1月26日〉

電流協オープンセミナー「デジタル多重再編の時代を迎えた出版ビジネス-2022年の展望」〈一般社団法人電子出版制作・流通協議会(オンライン)/1月28日〉

コンテンツジャパン代表取締役の堀鉄彦氏が、出版業界の2021年はどのような1年だったかを振り返り、そこから予測される2022年に向けての業界全体の構造変化、出版ビジネスの方向性などについて俯瞰、解説して頂きます。

文化通信フォーラム「出版業界に求められる改革 ~出版文化を守り、書店を支える政官民連携のあり方~」〈文化通信社(オンライン)/1月31日〉

   株式会社文化通信社では、各分野のフロントランナーやユニークな取り組みをされている企業様に講師をお願いし、業界向けセミナーを数多く開催、多くの方々にご参加いただいております。  今般、2…続き

フォーラム「デジタル化及びデジタルアーカイブ構築の現状と未来」〈国立国会図書館(オンライン)/2月9日〉

商人としての編集者 書籍装丁の考え方についてデザイナーではなく編集者が語る会〈KADOKAWA(オンライン)/2月22日〉

講師:岸山征寛(株式会社KADOKAWA/角川新書編集長)×菊地悟(同/新書ノンフィクション課編集長)

お知らせ

 HON.jpメールマガジンのISSN(International Standard Serial Number:国際標準逐次刊行物番号)を登録しました。ISSN 2436-8245 です。参考文献として示す際などに記載いただくと、同定・識別しやすくなります。

ISSN 2436-8245  こちらは「HON.jp メールマガジン」(ISSN 2436-8245)の登録フォームです。NPO法人HON.jpからのお知らせや、編集長 鷹野がピックアップした出版関連ニュースやコメントなどが配信されます。バックナンバーへのリンクは本ページの末尾にあります。また、ほぼ同じ内容を「週刊出版ニュースまとめ&コラム」のページで、メルマガの配信と同時に公開しています。「HON.jp Readers」へ登録すると、メルマガも自動...
HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1278 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る