日刊出版ニュースまとめ 2022.01.12

角川武蔵野ミュージアム 本棚劇場

《この記事は約 6 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

総合

新春講演会 2022年の電子出版はどうなる?──JEPAセミナー資料を公開します〈HON.jp News Blog(2022年1月11日)〉

 毎年、ご好評いただいている年始恒例のセミナーです。HON.jp News Blog 編集長の鷹野凌が毎週配信している「週刊出版ニュースまとめ&コラム」から、2021年の電子出版関連の主な動きを振り返り、2022年を予想しました。開催概要日時:2022年1月11日(火) 16:00-17:30料金:無料会場:オンライン(Zoom / YouTube Live)主催:日本電子出版協会(JEPA)内容2021年の予想と検証出版社系ウェブメディアの飛躍既刊の電子化が急が...

国内

編プロ・出版社数社、編集者らが出版の魅力を動画で配信〈文化通信デジタル(2022年1月11日)〉

   編集プロダクションのケイ・ライターズクラブのチーフディレクター・千葉慶博氏が中心となり、出版社の編集者らとともに、本作りの舞台裏や出版業界について語るYouTubeチャンネル「シュッパ…続き

NFT専門メディア「NFT Media」、編集長の“役職NFT”を発行 保有者に収益を配分〈ITmedia ビジネスオンライン(2022年1月11日)〉

 トレジャーコンテンツ(東京都文京区)は1月7日、運営するNFT専門メディア「NFT Media」にて編集長の役職NFTを発行したと発表した。日本初の役職のNFT化実施となり、同NFTは現編集長へ譲渡予定としている。

クオンとwwwaapの経営統合が完了、「株式会社Minto」としてクリエイターエコノミーを支援〈Media Innovation(2022年1月11日)〉

公文書館は「権力者の館」だった!デジタル改革で「歴史の記録」を市民の手に〈SAMEJIMA TIMES(2022年1月11日)〉

デジタル改革は低迷する日本を救うのかーー。政治家、学者、弁護士、ジャーナリストがとことん議論する異例のトークイベントに、私もジャーナリストとして出演させていただいた。「図書館とデジタルメディア、 融合

「デジタル社会の実現に向けた重点計画」が閣議決定〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年1月11日)〉

iOS端末向け電子書籍アプリ『Liveコミック』サービス終了と資金決済に関する法律に基づく前払式支払手段払戻しのお知らせ〈株式会社BookLive(2022年1月11日)〉

お知らせ2022年1月11日iOS端末向け電子書籍アプリ『Liveコミック』サービス終了と資金決済に関する法律に基づく前払式支払手段払戻しのお知らせ凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社Boo..

世界

クリエイターの収益化を支援するPatreon、「2022年に規模倍増」と同社CPOは語る〈TechCrunch Japan(2022年1月11日)〉

Patreonは2021年初めに評価額を3倍増の40億ドル(約4400億円)とした後、岐路に立っている。クリエイターのための構築という点で、同社は今後も勝ち続けるのだろうか。同時にPatreonは、クリエイターたちに自社のプロダクトが彼らの最善の利益を追求していると感じさせながら、その競争に先んじることができるのだ..

Strong advertising recovery sees subscription-only publishers reconsider ‘all ads are bad’ mantra | What’s New in Publishing〈Digital Publishing News(2022年1月11日)〉

With the ad market roaring back after the pandemic, advertising’s reputation has been somewhat rehabilitated as part of the revenue mix. But platform domination continues to limit growth. Peter Houston rounds up 2021 in advertising as part of our Media Moments 2021 report. For a couple of years now, we’ve been talking about how subscription revenue is …

米アップル、韓国アプリストアに代替決済システム導入へ=当局〈ロイター(2022年1月11日)〉

[ソウル 11日 ロイター] - 米アップルは韓国のアプリストアで同社以外の決済システムの使用を認め...

イベント

日本出版学会 出版産業研究部会 研究会「出版産業の30年・100年を振り返る~『平成の出版が歩んだ道』」〈日本出版学会(オンライン)/1月13日〉

出版産業の30年・100年を振り返る~『平成の出版が歩んだ道』 報告者(報告順):能勢 仁 (ノセ事務所)          河野高孝 (河野書店)          八木壮一 (八木書店) 日  時: 2022年1月13日(木) 15:0

深見拓史氏: デジタル出版の未来形-ブックオンデマンド(BOD)-〈日本電子出版協会(オンライン)/1月18日〉

1.印刷・出版のプロジェクト-電子出版との関わり- 日本語組版システムの開発 紙器設計のための「パッケージCADシステムの開発」 電子出版-CD-ROM制作 CD-Iカラオケ ビットウェイ(Bitway)の立ち上げ 地図サービス「マピオン」の立ち上げ2.ブックオンデマンド(BOD) イスラエル ベン...

フォーラム「メディアに不可欠なDXの本質」〈東洋経済新報社(オンライン)/1月25日〉

メディア企業に今、不可欠なDXとは何か、ユーザーニーズを迅速に捉え、刺さるコンテンツを作るために、どのようにテクノロジーを活用していけばよいのかを考察

第5回デジタルアーカイブ産学官フォーラム「コロナがもたらしたもの ~withコロナで加速するデジタルアーカイブ~」〈内閣府知的財産戦略推進事務局・国立国会図書館(オンライン)/1月26日〉

産業とデータ・コンテンツ部会キックオフ連続フォーラム第3回「デジタルアーカイブを基盤とする産業振興政策:海外の動向とジャパンサーチの可能性」〈デジタルアーカイブ学会(オンライン)/1月26日〉

●開催目的と概要デジタルアーカイブ振興に関わる産学連携の在り方を検討するため本年4月に設置されたデジタルアーカイブ学会「産業とデータ・コンテンツ部会」の今後の具体的な取組課題を明らかにするため、学会・産業界その他の関係者 … 続きを読む 産業とデータ・コンテンツ部会キックオフ連続フォーラム →

電流協オープンセミナー「デジタル多重再編の時代を迎えた出版ビジネス-2022年の展望」〈一般社団法人電子出版制作・流通協議会(オンライン)/1月28日〉

コンテンツジャパン代表取締役の堀鉄彦氏が、出版業界の2021年はどのような1年だったかを振り返り、そこから予測される2022年に向けての業界全体の構造変化、出版ビジネスの方向性などについて俯瞰、解説して頂きます。

文化通信フォーラム「出版業界に求められる改革 ~出版文化を守り、書店を支える政官民連携のあり方~」〈文化通信社(オンライン)/1月31日〉

   株式会社文化通信社では、各分野のフロントランナーやユニークな取り組みをされている企業様に講師をお願いし、業界向けセミナーを数多く開催、多くの方々にご参加いただいております。  今般、2…続き

フォーラム「デジタル化及びデジタルアーカイブ構築の現状と未来」〈国立国会図書館(オンライン)/2月9日〉

商人としての編集者 書籍装丁の考え方についてデザイナーではなく編集者が語る会〈KADOKAWA(オンライン)/2月22日〉

講師:岸山征寛(株式会社KADOKAWA/角川新書編集長)×菊地悟(同/新書ノンフィクション課編集長)

お知らせ

 HON.jpメールマガジンのISSN(International Standard Serial Number:国際標準逐次刊行物番号)を登録しました。ISSN 2436-8245 です。参考文献として示す際などに記載いただくと、同定・識別しやすくなります。

ISSN 2436-8245 こちらは「HON.jp メールマガジン」(ISSN 2436-8245)の登録フォームです。NPO法人HON.jpからのお知らせや、編集長 鷹野がピックアップした出版関連ニュースやコメントなどが配信されます。バックナンバーへのリンクは本ページの末尾にあります。また、ほぼ同じ内容を「週刊出版ニュースまとめ&コラム」のページで、メルマガの配信と同時に公開しています。 メルマガは原則、毎週月曜日の朝に配信いたします...
HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1058 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments