電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」がアクセシビリティ強化でJIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠

図書館流通センターのリリース

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 株式会社図書館流通センターは4月16日、電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」のアクセシビリティ強化により、JIS X 8341-3:2016(高齢者・障害者等配慮設計指針 ― 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス ― 第3部:ウェブコンテンツ)の適合レベル「AA」に準拠したことを発表した。

 2016年に施行された障害者差別解消法では、障害のある方への「合理的配慮」などが求められ、国や都道府県市町村では率先した取り組みを行うべき主体として義務化されている。これに伴い総務省は、公的機関のホームページなどが高齢者や障害者を含む誰もが利用しやすいものとなるよう、ウェブアクセシビリティの確保・向上に取り組むための支援目的として、手順書「みんなの公共サイト運用ガイドライン」を改定。JIS X 8341-3:2016が規定する適合レベル「AA」に準拠することを求めていた。

 電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」ではウェブアクセシビリティを整備した上で、中央官庁系ホームページの検査などを行う第三者機関の株式会社インフォ・クリエイツに検査を委託、適合証明書を取得した。また、電子書籍閲覧ビューアのユーザインタフェースを強化し、音声読み上げの量を調整し前後へスムーズに移動できる機能や、目次やしおりなどを使いやすくする機能、音声読み上げの読み手の男声・女声を選択できる機能などを追加した。主にテキスト版サイトから利用できる機能となっている。

参考リンク

図書館流通センターのリリース
https://www.trc.co.jp/information/190416_trc.html
みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)- 総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/b_free/guideline.html

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 212 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)

関連記事

紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携...  株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。  「Ki...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
共立女子大学・短期大学図書館、「dマガジン for Biz」を大学図書館で初めて導入  共立女子大学・短期大学図書館は1月15日、電子雑誌の読み放題サービス「dマガジン for Biz」を大学図書館で初めて導入したことを発表した。同図書館は、2014年11月に機関向け電子書籍提供サービス「Maruzen eBook Library」、2018年11月に電子図書館「LibrariE(ラ...
電子図書館サービス導入数は78館81自治体に ~ 電流協『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は10月29日、公共図書館の電子図書館サービス利用状況に関する調査レポートの最新版『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』を11月10日に発行することを発表した。今回のアンケート調査によると、電子図書館サービスを導入している公共図書館...
第20回図書館総合展が開催 ~ 展示会場フォトレポート  図書館総合展運営委員会は10月30日から11月1日まで、パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で「第20回図書館総合展」を開催している。企画・運営は株式会社カルチャー・ジャパン(JCC)。本稿では展示会の様子を電子図書館関係を中心に写真でレポートする。 丸善雄松堂の電子図書館サービス「Maruz...
ベネッセ教育総合研究所が「電子図書館まなびライブラリー」の利用データをもとに調査 ~ 読書量の多い子供ほど学力が向上...  株式会社ベネッセコーポレーションの社内シンクタンクであるベネッセ教育総合研究所は10月26日、同社の進研ゼミ会員が自由に使える電子書籍貸出サービス「電子図書館まなびライブラリー」の利用データやアンケート調査などをもとに、読書が子供の学力や学びの姿勢にどのような影響を与えているかの変化を追跡する調査...
TRC、電子図書館サービスで洋書150万タイトルを2019年度から提供開始 ~ スイス・ビブリオテカ社と提携...  株式会社図書館流通センター(以下、TRC)は10月24日、スイスのビブリオテカ社が扱う洋書の電子書籍150万タイトル超を、全国の公共図書館や学校図書館を対象として提供することに基本合意したことを発表した。2019年度からの提供開始に向け、協議を行っているとのこと。  ビブリオテカ社は、世界7...
小中高等学校向けの定額電子書籍配信サービス「School e-Library」が来春より正式サービス開始...  eライブラリー有限責任事業組合は10月18日、小中高等学校向けの定額制電子書籍配信サービス「School e-Library(スクール イー ライブラリー)」を2019年4月から提供開始することを発表した。ラインアップは常時1000冊が配信され、3~6カ月で少しずつ入れ替わる。利用料は年間2万88...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館が70館突破、取り扱いコンテンツは4万2000点に  株式会社日本電子図書館サービスは10月1日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、9月末時点で72館になったことを発表した。取扱いコンテンツ数は4万2000点、取引出版社は90社とのこと。  日本電子図書館サービスは2013年10月に、株式会社紀伊國...
電流協、電子図書館を導入している公共図書館78館の一覧を発表  一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は8月31日、有料で販売されている電子書籍を無料で貸出するタイプの電子図書館サービスを導入している自治体の公共図書館一覧を公表した。今後は電流協公式サイトにて、年4回程度の頻度で定期更新していく予定とのこと。  電流協によると、2018年...