電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」がアクセシビリティ強化でJIS X 8341-3:2016の適合レベルAAに準拠

図書館流通センターのリリース
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社図書館流通センターは4月16日、電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」のアクセシビリティ強化により、JIS X 8341-3:2016(高齢者・障害者等配慮設計指針 ― 情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス ― 第3部:ウェブコンテンツ)の適合レベル「AA」に準拠したことを発表した。

 2016年に施行された障害者差別解消法では、障害のある方への「合理的配慮」などが求められ、国や都道府県市町村では率先した取り組みを行うべき主体として義務化されている。これに伴い総務省は、公的機関のホームページなどが高齢者や障害者を含む誰もが利用しやすいものとなるよう、ウェブアクセシビリティの確保・向上に取り組むための支援目的として、手順書「みんなの公共サイト運用ガイドライン」を改定。JIS X 8341-3:2016が規定する適合レベル「AA」に準拠することを求めていた。

 電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」ではウェブアクセシビリティを整備した上で、中央官庁系ホームページの検査などを行う第三者機関の株式会社インフォ・クリエイツに検査を委託、適合証明書を取得した。また、電子書籍閲覧ビューアのユーザインタフェースを強化し、音声読み上げの量を調整し前後へスムーズに移動できる機能や、目次やしおりなどを使いやすくする機能、音声読み上げの読み手の男声・女声を選択できる機能などを追加した。主にテキスト版サイトから利用できる機能となっている。

参考リンク

図書館流通センターのリリース
https://www.trc.co.jp/information/190416_trc.html
みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年版)- 総務省
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/b_free/guideline.html

noteで書く

広告

About 鷹野凌 321 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / / / / /

関連コンテンツ