日本DAISYコンソーシアム、「出版における読書差別解消に向けて」セミナーを2月5日に東京都・戸山で開催

【編集部記事】日本DAISYコンソーシアムは2月5日、東京都・戸山で「出版における読書差別解消に向けて~障害者差別解消法施行元年にDAISYとEPUBで前進する国際標準の動向を読み解く」セミナーを開催する。

 本セミナーは、国際レベルで規格融合化を進めているEPUB電子書籍フォーマットと視覚障碍者向け読書規格DAISYの現状と、2年前に批准された障害者権利条約を主題としたセミナーで、「障害者差別解消法施行による知識アクセス問題の前進」(河村宏氏)と「EPUB3.1規格の開発とアクセシブルな電子出版の推進」(村田真氏)の2つの講演会を予定。

 日本DAISYコンソーシアム会員法人などによる展示も併せて行なわれる。Web申し込み形式で、一般参加者は1,000円で先着100名。詳細は下記URLを参照のこと。【hon.jp】

問合せ先:「出版における読書差別解消に向けて」セミナー概要( http://www.kokuchpro.com/event/a23c27676b5203a6e51f4402148d528d/

BookLive、スマホ小説「奴隷区 僕と23人の奴隷」のコミカライズを担当したオオイシヒロト氏のインタビューを掲載

【編集部記事】株式会社BookLive(本社:東京都台東区)は1月22日、電子書籍ストア「BookLive!」において、コミック「奴隷区 僕と23人の奴隷」(岡田伸一/オオイシヒロト)の作画を担当したオオイシヒロト氏のインタビューを掲載した。

 このインタビュー記事は、同サイトの人気漫画家“渾身の一コマ”を訊くインタビューコーナー「わが生涯に一片のコマあり」の第16回として掲載されたもの。「奴隷区 僕と23人の奴隷」はもともとスマホ小説投稿サイト「E★エブリスタ」の人気作品を双葉社がコミック化したもので、オオイシヒロト氏に作画を担当するまでの経緯を聞いている。

BookLive社では、インタビューと並行して双葉社の電子コミック・電子書籍の25%OFFキャンペーンも実施中。【hon.jp】

問合せ先:BookLive!の「わが生涯に一片のコマあり」サイト( http://booklive.jp/feature/index/id/wagakoma16

文藝春秋、SMAP分裂騒動その後を追跡した「週刊文春1月28日号」を電子書籍で本日発売

【編集部記事】株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区)は本日1月21日、SMAP分裂騒動のその後を追跡取材した「週刊文春1月28日号」電子書籍版を主要電子書籍ストアで発売した。

 同社は1週間前、1年前の記事「ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間」を100円の電子書籍として緊急発売し、あっという間にAmazonの全書籍部門(紙書籍含む)ランキング2位まで急浮上。

 本日発売した最新号では「SMAPメンバーによる番組内での生謝罪という異例の対応に至った経緯をジャニーズ首脳が実名で告白。一時は独立すると報じられた中居正広、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の4人と残留を決めた木村拓哉の確執や騒動中にSMAPメンバー5人が何を考え、どう行動していたのかを徹底取材で明らかにしています」とのこと。【hon.jp】

問合せ先:「週刊文春1月28日号」の概要ページ( http://shukan.bunshun.jp/articles/-/5790

JTBパブリッシング、成田空港第3ターミナルで電子書籍サービス「たびのたね」クーポンカードを販売開始

【編集部記事】株式会社JTBパブリッシング(本社:東京都新宿区)は1月16日から、電子書籍サービス「たびのたね」サイトのクーポンカードを成田空港第3ターミナル内で販売開始した。

 同サイトとしてクーポンカードの販売は初めてで、旅行者が多く集まる店舗などでの販売箇所の拡大を計画。その第一弾が、LCC乗客が多く集まる成田空港第3ターミナル「ジェットスターショップ」で、お菓子やお土産と一緒に旅行ガイドやご当地本をデジタルで気軽に手に入れることができるようにしたとのこと。【hon.jp】

問合せ先:「たびのたね」の告知( http://tabitane.com/news/IF000106/

小学館、3月の映画公開を前に「大長編ドラえもん」シリーズの電子コミック版も配信スタート

【編集部記事】株式会社小学館(本社:東京都千代田区)は1月15日、電子書籍ストア「コミック小学館ブックス」において、「大長編ドラえもん」シリーズ(藤子・F・不二雄)のデジタル版を配信開始した。

 ドラえもんはすでに電子コミック配信がされているが、今回配信スタートしたのは3月5日リニューアル公開予定となっている「映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生」の原作コミックなどを含む「大長編」シリーズ。第一弾として「大長編ドラえもんvol.9 のび太の日本誕生」「~vol.10 のび太とアニマル惑星」の2作品からスタートし、随時追加される予定。

 価格はそれぞれ400円(税抜)。【hon.jp】

問合せ先:コミック小学館ブックスの「大長編ドラえもん」ページ( http://csbs.shogakukan.co.jp/doraemon

文藝春秋、SMAP分裂騒動のきっかけとなった1年前の「週刊文春」記事を電子書籍で緊急発売

【編集部記事】株式会社文藝春秋(本社:東京都千代田区)は本日1月15日、SMAP分裂騒動のきっかけとなった「週刊文春」記事「ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの告白5時間」を電子書籍化し、緊急発売する。

 同著は、週刊文春2015年1月29日号の記事を電子書籍化したもので、当時のジャニーズ事務所の内紛を報じたもの。スポーツ紙などでは、この記事が発火点となり、今回のSMAP分裂騒動が発生したと報じている。

 電子書籍タイトルは「週刊文春が報じた ジャニーズ女帝メリー喜多川 怒りの独白5時間」で、価格は100円。主要電子書籍ストアで購入できるとのこと。週刊文春では本件に関連し、インタビューから現在に至るドキュメントとSMAPの将来について来週発売の最新号(1月28日号)で詳報する、としている。【hon.jp】

問合せ先:文藝春秋の作品概要ページ( http://books.bunshun.jp/ud/book/num/1692030300000000000C

【実務者向け】日本電子出版協会、2月3日に「TPP合意後の著作権への影響の考察と著作権法をめぐる最新動向」セミナー

【編集部記事】一般社団法人日本電子出版協会(本部:東京都千代田区、以後:JEPA)は2月3日、電子書籍の法務関係者向けセミナー「TPP合意後の著作権への影響の考察と著作権法をめぐる最新動向~その後のGoogle Books事件、エンブレム問題も解説~」を東京都・丸の内で開催する。

 本セミナーでは松田政行弁護士(森・濱田松本法律事務所)が登壇、TPPの影響からGoogle Books訴訟の状況なども含め、電子知財関連の現況について解説する。

 場所は森・濱田松本法律事務所で、定員は100名で一般の受講料は5,000円(領収書発行)、JEPA会員法人は1名まで無料。Webでの事前登録(下記URL参照)が必要となっている。【hon.jp】

問合せ先:セミナー概要ページ( http://kokucheese.com/event/index/368247/

JTBパブリッシング、電子書籍「NHK大河ドラマスペシャル るるぶ真田丸」購入で 「真田幸村が駆けた風景」を無料プレゼント

【編集部記事】株式会社JTBパブリッシング(本社:東京都新宿区)は1月7日、電子書籍サービス「たびのたね」サイトで戦国武将・真田幸村ゆかりの地を徹底ガイドした「NHK大河ドラマスペシャル るるぶ真田丸」の販売をスタートした。

 同電子書籍は、今年のNHK大河ドラマ「真田丸」(脚本・三谷幸喜、主演・堺雅人)について、NHKの協力のもと、場面写真もたっぷり掲載した「るるぶ」ガイドブック。ドラマ主演の堺雅人・大泉洋両氏のインタビューや、真田幸村ゆかりの地モデルコースや、イベント・観光地の周辺情報・グルメレストラン・おみやげも紹介されている。価格は720円(税込)。

 なお、2月14日(日)までに作品を購入した人には特典タイトル「真田幸村が駆けた風景」(「絶景の城めぐり」抜粋版)も無料プレゼント。同時に、ポイント20倍が付与される。【hon.jp】
問合せ先: 「たびのたね」キャンペーンページ( http://tabitane.com/news/IF000104/

翔泳社、アマゾンでのPOD出版を開始へ、1冊単位で印刷・出荷する体制に

【編集部記事】IT出版の株式会社翔泳社(本社:東京都新宿区)は1月5日、Amazon社(本社:米国ワシントン州)のプリント・オン・デマンド製本(以後:POD)サービスを採用し、その第一弾として「[ワイド版]Linux教科書 LPICレベル1 Version4.0対応」などのIT資格本を順次発売することを発表した。

 PODは、電子書籍ファイルなどのデジタルデータを元に1冊単位で印刷・製本する方式で、その新フォーマットを活用して図版・文字などを拡大した「ワイド版」シリーズを制作。並行してデジタルファースト(POD版と電子書籍版)販売にも着手し、こちらも10点刊行する予定とのこと。【hon.jp】

問合せ先:翔泳社のプレスリリース( http://www.shoeisha.co.jp/press/detail/291

JTBパブリッシング、電子書籍サービス「たびのたね」、最大71%OFFの「2015-2016冬休み」キャンペーン

【編集部記事】株式会社JTBパブリッシング(本社:東京都新宿区)は12月25日、電子書籍サービス「たびのたね」サイトで「2015-2016冬休み」キャンペーンをスタートした。

 本キャンペーンは、年末年始の旅行・帰省シーズンを意識したもので、旅行ガイド・雑誌・ご当地本から100タイトルを厳選し、ワンコイン500円(最大割引率71%)で購入できる。さらに、新規会員登録をすると、会員登録完了後からすぐに使用することができる500円分のポイントが付与されるとのこと。【hon.jp】