「ブックパス」で雑誌のみの安価な読み放題プランが提供開始

ブックパス

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 KDDI株式会社は12月12日から、電子書店「ブックパス」にて月額380円(以下、いずれも税別)で12ジャンル300誌以上が読み放題となる「マガジンコース」の提供を開始した。

 ブックパスではこれまで、月額562円でコミック、小説、実用書、写真集、雑誌などが読み放題になるプランを提供してきたが、「雑誌だけを安価に定額で読みたい」というニーズに応え、新コースの提供を始めたとのこと。従来のプランは「総合コース」という名称に変わっている。なお、ブックパスは2018年7月に、au回線の契約がなくても利用可能なオープン戦略に切り替えている(記事)。

 雑誌専門の読み放題サービスとしては、月額400円で200誌以上の「dマガジン」、月額380円で200誌以上の「楽天マガジン」、月額500円で900誌以上の「タブホ」などがある。ブックパスのマガジンコースは、これまで最安値だった楽天マガジンと同額で、誌数が1.5倍というポジションでの提供ということになる。

 ブックパスでは、5月31日までにマガジンコースへ入会すると、7月分までの情報料が月額190円になる「マガジンコース半額キャンペーン」が開催中だ。詳細は特設ページにて。

参考リンク

ブックパスマガジンコース半額キャンペーン特設ページ
https://bookpass.auone.jp/magazine/info/hangaku/
KDDIのプレスリリース
https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2018/12/05/3519.html

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 187 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」など出版業界関連の気になるニュースまとめ(2018年7月9日~15日)...  先週は「マンガ図書館Zがメディアドゥ傘下に」「ネット書店課税を求める動きへの反発」などが話題に。毎週月曜恒例の、出版業界関連気になるニュースまとめ、2018年7月9日~15日分です。 雑誌休刊は悲しむべきじゃない?――本格化する電子版への移行〈ダ・ヴィンチニ...
「ブックパス」がWow!IDに対応してau回線契約なしでも利用可能に  KDDI株式会社が運営する電子書店「ブックパス」は7月4日、Wow!IDを取得することによって、au回線契約なしでも利用できるようになったことを発表した。  「ブックパス」の利用は従来、au回線にひもづく au ID が必須だった。今後は、Wow!ID を取得すれば、au回線の契約がなくても...