スウェーデンの児童読書推進NPO団体、電子書籍を読まないとホーム画面が表示できない小学校向け電子書籍アプリ「Read To Unlock」をリリース

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】フランスの電子書籍ニュースサイト「ID BOOX」によると、スウェーデンの児童読書推進団体Berättarministeriet(本部:スウェーデン・ストックホルム市)が先月、スマホ中毒になりつつある同国の小学生向けに、電子書籍を強制的に読ませるAndroidアプリ「Read To Unlock」を公開したとのこと。

 Read To Unlockは小学校の教室現場向けにデザインされたアプリで、生徒がスマホ・タブレットの画面アンロックをしようとすると、直近で読んだ同アプリの電子書籍作品ページに関する3つの簡単な質問を強制的に画面表示。それに答えないと、ホーム画面に辿りつけないようになっている。チャットやゲームばかりに集中しがちな子供たちに、電子書籍の読書を習慣付けさせる狙いでデザインされた。【hon.jp】

ID BOOXの記事( http://www.idboox.com/infos-ebooks/read-to-unlock-une-appli-qui-verrouille-tablette-et-smartphone-si-lenfant-ne-lit-pas/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。