まだまだ続く電子書籍エージェンシー・モデル訴訟、米司法省がApple社に「書店アプリの販売リンク掲載を許可せよ」

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】先月に大手出版社がApple社と交わした電子書籍のエージェンシー・モデル価格契約を違法とする判決が下った裁判について、控訴を予定しているApple社(本社:米国カリフォルニア州)と米司法省(本部:米国ワシントンD.C.)の間で再び小競り合いが始まった。

 現地報道によると、司法省と各州政府側は罰金5億ドル(約500億円)を免除する代わりに、1)iTunes App Storeで書店アプリへの販売リンク規制をなくす、2)大手出版5社と5年間取引しない、という監視条件を今週裁判官に提案する模様。これに対し、もともと控訴をする予定であるApple側は「政府機関によるApple社の経営介入である」と批判のコメントを発表した。

 罰金5億ドル自体、今のApple社にははした金額なのだが、今回の小競り合いの様子からして両者それぞれ別の意図をもってこの裁判を続けていきたいようだ。【hon.jp】

問合せ先:LA Times紙の報道( http://lat.ms/13BIEcb

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事