日刊出版ニュースまとめ 2022.10.21

日刊出版ニュースまとめ

《この記事は約 7 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

【目次】

国内

pixiv、画像生成AI作品と「共存できる道を模索」 フィルタリング機能実装へ〈KAI-YOU.net(2022年10月20日)〉

イラストコミュニケーションサービス・pixivが、画像生成AIで生成された作品の取り扱いに関する方針を10月20日(木)に発表した。10月下旬より、投稿編集時に「AI生成作品」と設定できる機能、画像生成AIで生成された作品を検索する際などにフィルタリングする機能、...

「いいね」で賠償命じる初判断、原告代理人は「特定の事例における特定の判断」と強調〈弁護士ドットコム(2022年10月20日)〉

ジャーナリストの伊藤詩織さんを誹謗中傷するツイートに「いいね」を押したことが伊藤さんの名誉感情を侵害したとして、自民党の杉田水脈衆院議員に慰謝料など220万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が10月20...

トーハン、書店スペースのレンタル事業に参入 「ブクマスペース」開始〈ITmedia NEWS(2022年10月20日)〉

店頭スペースを提供できる書店と、スペースを利用したい事業者をマッチングするレンタルプラットフォーム「ブクマスペース」をトーハンが開始。

コーチャンフォーつくば店 2000坪でオープン 初日午前はマルシェ活況〈文化通信デジタル(2022年10月20日)〉

     北海道を中心に大型書店を展開するリラィアブルの新店、コーチャンフォーつくば店(茨城)が10月20日オープンした。書籍、文具、ミュージック・マルシェ、飲食の4事業を核とした…続き

漫画アプリ「ブックライブ fun」の挑戦・後編 コンテンツ輸入の仕掛け人が語る、中国発縦スクロール漫画の特徴と現地の熱狂〈Real Sound|リアルサウンド ブック(2022年10月20日)〉※記事広告

 国内最大級の総合電子書籍ストア「ブックライブ」を運営するBookLiveは、今年の5月から新たな漫画アプリ「ブックライブ fun(ブックライブ ファン)」の提供を開始した。前編の記事はこちら 漫画アプリ「ブックライブ fun」の挑戦・前編 独占配信の中国コンテンツとブックライブで…

早慶和書電子化推進コンソーシアム、早稲田大学と慶應義塾大学の学生・教職員向けの電子書籍プロジェクトを開始:電子書籍1,200点以上を期間限定で提供〈カレントアウェアネス・ポータル(2022年10月20日)〉

「早慶和書電子化推進コンソーシアム」発足〈学校法人早稲田大学のプレスリリース(2022年10月20日)〉

学校法人早稲田大学のプレスリリース(2022年10月20日 11時11分)発足

世界

Amazon discontinues option to lend e-books to Kindle users〈Good e-Reader(2022年10月20日)〉

Amazon has quietly ended support for the Kindle lending program wherein Kindle users were able to lend e-books to others. Amazon didn't make any official announcement in this regard, and it is not known either as to what might have prompted the company to make the change. Intriguingly, many of Amazon's customer service representatives too aren't aware of the change, as a Book Rio...

プロ並みの画像を作ってくれる「画像⽣成AI」が次々に登場する理由–今後求められる「判定器」〈CNET Japan(2022年10月20日)〉

7月下旬から、テキストを入力することで完成度の高い画像を生成するAI「Midjourney」がSNSを中心に大きな話題となりました。今後、画像生成AIはどのように発展していくでしょうか。

画像生成AI「Stable Diffusion」開発元、1億米ドル超を調達——オープンソースAIモデルの開発加速へ〈BRIDGE(ブリッジ)(2022年10月20日)〉

ジェネレーティブ AI を支える画期的な技術には事欠かないが、重要なイノベーションの1つが diffusion model(拡散モデル)だ。熱力学の概念に着想を得た拡散モデルは、AI による画像生成の主流として GAN(敵対的生成ネットワーク)を急速に駆逐し、人々の関心を集めている。 拡散モデルは、学習データに徐々にノイズを加えていき、そのノイズを元に戻すことで学習するモデルである。拡散モデルは学

Adobe「画像生成AI」を開発 クリエイター向けの透明性ある製品を目指す〈KAI-YOU.net(2022年10月20日)〉

Adobeが、クリエイター本位の画像生成AIを開発する計画を発表した。Adobeは、現在賛否両論となっている画像生成AIの「利用における標準を定義していきます」と宣言。業界内における“画像生成AIのスタンダード”を定めていく必要があるとして、信頼できるアーティスト...

イベント

電流協オープンセミナー「海外における日本のマンガコンテンツの価値と将来」〈電流協(オンライン)/10月21日〉

縦スクロールコミックが注目を集める中、モノクロ・横読みの日本のコミックの海外市場も拡大している。海外での日本のコミック配信やマーケティングにおける取り組みを通して、海外市場における日本のコミックコンテンツの価値と将来の展望を考える。

第3回 国際マンガ・アニメ祭 Reiwa Toshima(IMART 2022)〈アイマート実行委員会(オンライン)/10月21日~23日〉

◆マンガ・アニメーションのボーダレス・カンファレンス「IMART」「国際マンガ・アニメ祭Rwiwa Toshima (IMART)」は “マンガ・アニメーションの未来を... powered by Peatix : More than a ticket.

図書館に向けた図書館等公衆送信サービス説明会〈日本図書館協会(オンライン)/10月24日〉

Webや電子書籍にフォーカスした「日本語組版の要件」の次世代版 JLReq-d〈Advanced Publishing Laboratory + 日本電子出版協会(オンライン)/10月24日〉

産業とデータ・コンテンツ部会第 6 回 DA ショートトーク〈デジタルアーカイブ学会(オンライン)/10月25日〉※宮本聖二氏「ネットの信頼性〜アテンションエコノミーとリテラシー向上〜」 森信介氏「自然言語処理を用いた文献の可視化・検索」など

日 時:2022年10月25日(火)13:00~15:00 形 式:ZOOMウェビナーによるオンライン(アーカイブ配信も行います) プログラム (予定) 司会:柴野京子氏(上智大学教授、デジタルアーカイブ学会産業とデータ … 続きを読む 産業とデータ・コンテンツ部会第 6 回 DA

説明会「有償等オンライン資料(電子書籍・電子雑誌等)の制度収集開始について」〈国立国会図書館(オンライン)/10月26日〉

「日本コンテンツの海外展開に関する調査報告書(中国編)」解説セミナー〈文化庁・CRIC(オンライン)/10月26日〉

デジタル化・ネットワーク化の進展とグローバル化の発展の影響により、著作物が国境を越えて流通する中、我が国のコンテンツは、世界各国で高い人気を博しています。その一方、海外ビジネスの展... powered by Peatix : More than a ticket.

辻本英二氏「”ババ”を引かない! サステナブル出版の進め方 ー欧米先進国が先導する新しい書籍のライフサイクルデザインー」〈日本電子出版協会(オンライン)/10月27日〉

フォーラム「#NDL全文使ってみた ~「次世代デジタルライブラリー」&「NDL Ngram Viewer」」〈国立国会図書館(オンライン)/11月1日〉

NDLラボは、次世代の図書館システムの開発に資する要素技術の実証実験を行うためのウェブサイトです。NDLラボでは、国立国会図書館のサーバ環境や国立国会図書館が持つデジタル化資料のデータ・書誌データなどを研究者等に提供し、研究者等はその資源を使ってソフトウェア等の実験をします。

上野千鶴子 講演会「ホモソーシャルな出版業界 ―その悪しき体質、変えられますか?―」〈出版女性人の会(オンライン)/11月16日〉

昨年、開催いたしました「出版女性人の会 オンライン講演会2021」は、多くの皆さまにご参加いただくことができました。皆さまのご協力とお力添えに、幹事一同、深謝いたしております。開催... powered by Peatix : More than a ticket.

2022年度図書館学セミナー「図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-」〈日本図書館研究会(オンライン)/11月19日〉

下記により,2022年度図書館学セミナーを開催します。多くの方が参加されることを期待します。                     記テーマ:図書館における電子媒体資料の活用について-現状と今後の展望-日 時:2022年11月19日(土) 10:00~17:00会 場:Zoom(ウェビナー)によるオンライン開催(前日までに招待メールをお送りします)参加費:会 員 1,500円    非会員 2,5...

講談社メディアカンファレンス2022「Inspire Impossible Stories ~ 語ろう。メディアのミライ ~」〈講談社(オンライン)/11月22日〉

新たな発見や創造性を促し、ありえない、見たことのない物語を提供するという講談社の企業理念「Inspire Impossible Stories」をふまえ、「メディアのミライ」をテーマとした「講談社メディアカンファレンス2022」を開催します。

お知らせ

 HONꓸjp News Blog をもっと楽しく便利に活用するための登録ユーザー制度「Readers」を開始しました。ユーザー登録すると、週に1回届く HONꓸjp メールマガジンのほか、HONꓸjp News Blog の記事にコメントできるようになったり、更新通知が届いたり、広告が非表示になったりします。詳しくは、こちらの案内ページをご確認ください。

HON.jp News Blog のトップページへ戻るHON.jp Readers のご案内HON.jp Readers は、HON.jp News Blog をもっと楽しく便利に活用するためのユーザー制度です。誰でも無料で登録できます。利用規約はこちら。登録する あなたはユーザー登録済み&ログイン済みです。マイページはこちら。HON.jp News Blogとは? 概要HON.jp News Blogは、紙だけでなくデジタル出版も含めた、広い意味での本(HON)のつくり手をエンパワーメン...

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1393 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / / / / / / / /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る