KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」が3周年。今年秋には稼げる仕組みを加え、新たなステージへ

カクヨム

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 株式会社KADOKAWAの小説投稿サイト「カクヨム」は、2016年2月のオープンから3周年を迎えた。これまで投稿・公開された作品は10万点を超える。常時さまざまなコンテストやイベントを開催してユーザーを盛り上げ、話題となった『横浜駅SF』(柞刈湯葉/カドカワBOOKS)や、TVアニメ化が決定した『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』(土日月/カドカワBOOKS)など人気作が次々誕生している。

 カクヨムは今後、5年目、10年目へと「豊かな制作環境」を提供し続けるための新たな取組として「ウェブ小説を書く人が直接収益を得られる環境作り」に挑戦することを発表した。これまでもユーザーから寄せられた意見や要望を元に、バックアップ機能や縦組み表示、キャッチコピーを画像化する機能などを提供してきたが、さらに一歩踏み込んだ改革となる。

 カクヨムでは今のところ「広告を掲載して広告料を作者に渡す」「読者が作者に対価を支払う」という二つの収益化策を検討している。ユーザーが自分の銀行口座を登録しておくと、一定額を超えたところで振り込まれる仕組みになる予定だ。秋の実施までに、さらなる調査と検討を重ねて入念に準備するとしている。

 広告モデルはともかく、個別課金については株式会社ピースオブケイクが提供している「note」でもその課金システムが好評と言われており、今後もこのような、コンテンツそれぞれにおいて「作者が読者にダイレクトに課金する仕組み」が増えていくものと思われる。

参考リンク

カクヨムのお知らせ
https://kakuyomu.jp/info/entry/kakuyomu_mid-term_plan

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 波野發作 11 Articles
1971年東京生まれ。信州出身。編集プロダクション、印刷会社などを経てSideBooksの立ち上げに関与。現在はフリー編集&ライターを生業に、趣味で小説を書いている。

関連記事

講談社「DAYS NEO」が電流協アワード2019大賞を受賞  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は4月22日、「電流協アワード2019」の受賞案件を発表した。今年の大賞は、株式会社講談社「DAYS NEO」が受賞した。  電流協アワードは、電子出版分野の制作と流通に関して、企業・団体等の優れた製品/サービス/業績/研究等について表彰す...
「LINEノベル」投稿作品の募集を開始、アプリ提供開始は今夏 〜 日本テレビ&アニプレックスと共同で「令和小説大賞」も開催...  LINE株式会社は4月16日、小説プラットフォーム「LINEノベル」と、文学賞「令和小説大賞」の開催についての記者発表会を都内で開催した。投稿作品は同日募集開始、アプリの提供開始は今夏を予定している。記者発表会の様子をダイジェストでお届けする。 LINEコンテンツ事業構想について  まず ...
テレビ東京+幻冬舎+noteで「#コミックエッセイ大賞」を開催 ~ 審査員に、けらえいこ先生、箕輪厚介氏、羽賀千恵氏、佐久間宣行氏、祖父江里奈氏など...  株式会社ピースオブケイクの運営するメディアプラットフォーム「note」は、幻冬舎およびテレビ東京と共同で「#コミックエッセイ大賞」を創設した。グランプリ賞金は30万円で、副賞には「cakes」での連載。また、幻冬舎からの書籍化、テレビ東京での映像化の可能性もある。  同賞は、「家族や友人、職...
ピースオブケイク、「note」の法人向けプランを開始 ~ ブランディングやファンコミュニティ形成・収益化などをワンストップでサポート...  株式会社ピースオブケイクは3月13日、メディアプラットフォーム「note」の企業向けサービス「note pro」の提供開始を発表した。最短1週間でオウンドメディアを開設でき、ブランディング、ファンコミュニティづくり、送客、収益化などをワンストップでサポートする。  note は2014年4月...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
KADOKAWA、ライトノベルをレコメンドするスマホ向けサイト「キミラノ」を今春オープン  株式会社KADOKAWAは2月19日、ユーザーの好みを解析してオススメのライトノベルを紹介してくれるスマホ向けウェブサービス「キミラノ」を、2019年春から開始することを発表した。キミラノには「角川スニーカー文庫」「ファンタジア文庫」「電撃文庫」「ファミ通文庫」「MF文庫J」「ノベルゼロ」の6つの...
読書メーター、投稿レビューをダ・ヴィンチニュースへ連携掲載開始  株式会社トリスタが運営する「読書メーター」は2月19日、株式会社KADOKAWAが運営する「ダ・ヴィンチニュース」と提携したことを公式ブログで告知した。読書メーターへ投稿されたレビューは、ダ・ヴィンチニュースの本の紹介ページにも連携掲載される。  読書メーターは2018年4月に、出版社や電子...
note、会員数100万人、月間アクティブユーザー1000万人を突破  株式会社ピースオブケイクは1月30日、運営するメディアプラットフォーム「note」の1月における月間アクティブユーザー数(MAU)が1000万人を突破、登録会員数も100万人を突破したことを発表した。  noteは「だれもが創作をはじめ、続けられるようにする」というミッションのもと、2014...
大手出版4社と出版デジタル機構が慶應SFCと海賊版サイト対抗手段や電子出版技術基盤などを研究する勉強会を発足...  慶應義塾大学SFC研究所のアドバンスド・パブリッシング・ラボは11月21日、マンガのインターネット流通環境整備に関する勉強会の発足を発表した。海賊版サイトに対抗する手段や、電子出版技術基盤、クリエイターの制作環境整備などに関する研究が主なテーマとなる。  アドバンスド・パブリッシング・ラボ(...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館が70館突破、取り扱いコンテンツは4万2000点に  株式会社日本電子図書館サービスは10月1日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、9月末時点で72館になったことを発表した。取扱いコンテンツ数は4万2000点、取引出版社は90社とのこと。  日本電子図書館サービスは2013年10月に、株式会社紀伊國...