アマゾン、Kindleインディーズマンガの基金を2019年度も継続することを正式発表 ~ 人気度を基準に年間5000万円を分配

Kindleインディーズマンガ

《この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です》

 アマゾンジャパン合同会社は2月13日、Kindleストアで無料マンガをセルフ出版できる「Kindleインディーズマンガ」で、作品の人気度を基準に分配する「インディーズ無料マンガ基金」を2019年度も継続することを発表した。2019年分として新たに総額5000万円を用意した。

 Kindleインディーズマンガは、2018年7月5日にサービス開始された日本独自のプログラム。従来の「Kindleダイレクト・パブリッシング」では公式提供されていない常時無料公開が、マンガに限って可能になっている。ただし、同じシリーズの中で無料と有料のエピソードを混ぜることはできない、などの制限がある。

 インディーズ無料マンガ基金はKindleインディーズマンガと同時に設立され、2018年12月までの6カ月間で総額2000万円が数百人のマンガ家に分配された。2019年1月、2月の分配についてはすでにコミュニティでお知らせが出ており、今回は年間予算が確保されたという発表となる。なお、2019年分として用意された5000万円というのは、期間が倍になっていることを考慮した上でも、2018年度よりさらに増額されている。

参考リンク

Kindleインディーズマンガ
https://kdp.amazon.co.jp/ja_JP/manga

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 159 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)