海賊版サイトと正規版サイトがだれでも判別できる「ABJマーク」の使用申請が受付中 〜 正式運用開始は11月30日から

ABJマーク
正規版サイトであることを示す「ABJマーク(ホワイトマーク)」

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 海賊版サイトと正規版サイトがだれでも簡単に判別できる「ABJマーク(ホワイトマーク)」の使用申請受付が、一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)のサイトで始まった。すでに説明会も数回開催されている。正式運用の開始予定は11月30日から。

 ABJマークは、電子出版物の配信事業者に対し、ユーザーが「ここは適法なサービスである」と簡単に識別できるような標識を提供することにより、健全なコンテンツ市場の発展を促進させることを目的として定められた。ABJは “Authorized Books of Japan” の頭文字。デジタルコミック協議会と一般社団法人日本電子書籍出版社協会が設立した「正規版マーク事業組合」が制定し、電流協に委託、管理運用される。電流協の商標(登録番号第6091713号)で、国内だけでなく、国際商標登録手続きも進めているとのこと。

 ABJマークには、上4桁の事業者コードと下4桁のサービスコードが、登録事業者・サービスにユニークで付与される。申請、使用は無料。ユーザーは、ABJマークが正規に発行された事業者・サービスなのかどうかを、電流協のサイトにあるホワイトリストで確認できる。言わば、レコード会社と映像製作会社による正規コンテンツを示す登録商標「エルマーク」の、出版版にあたる。

 使用対象となるのは、サンプルではなく1冊まるごとの電子出版物を、有償無償問わず配信している事業者で、日本国内に事業所があり電流協で実務の実態が把握できる法人。電子書店に限らず、無料配信アプリや、出版社直営サービスなども対象だ。また、マンガだけでなく、文字ものや写真集なども、もちろん対象となる。なるべく多くのサービスに掲示してもらうことにより、ユーザーへの認知を広げたいという思惑がある。

 ただし、著者が自身のサイトなどで自著を配信しているような場合は、対象外となる。また、想定されているのは出版契約を取り交わしているケースで、投稿主体のサイトは排除はしないが、対応が一時ペンディングされるかもしれないとのことだ。

 出版広報センターでは11月30日からの正規運用開始に合わせ、3回目となる「STOP! 海賊版」キャンペーンが実施され、新聞広告なども展開される。「ABJマークがあるサービスを利用しましょう!」という訴求がなされる予定だ。

参考リンク

一般社団法人電子出版制作・流通協議会「ABJマーク」のページ
https://aebs.or.jp/ABJ_mark.html

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 187 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

ABJマーク正式運用開始とダウンロード違法範囲の拡大  本稿は「出版ニュース」2019年1月上中旬号へ寄稿した原稿の転載です。以下、縦書き原稿を横書きに変換してあるのと、リンクを張ったり改行を少し増やしたりしてありますが、文体は掲載時のまま(常体)です。  情報法制研究所(JILIS)が9月2日に開催した「著作権侵害サイトによる海賊版被害対策に関...
矢口博之×星野渉×梶原治樹×植村八潮セミナー「2018年電子出版ビジネスの現状と今後の展望―文化通信アンケート調査による―」2月28日開催(電子出版制作・流通協議会)...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会は2月28日、オープンセミナー「2018年電子出版ビジネスの現状と今後の展望―文化通信アンケート調査による―」を開催する。パネリストは、矢口博之氏(東京電機大学理工学部准教授)、星野渉氏(文化通信社専務取締役)、梶原治樹氏(扶桑社販売部担当部長)。コーディネータ...
堀鉄彦セミナー「デジタルコンテンツビジネス、2019年のトレンドを予測する」2月25日開催(電子出版制作・流通協議会)...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(電流協)は2月25日、オープンセミナー「デジタルコンテンツビジネス、2019年のトレンドを予測する」を開催する。登壇者は電流協電子出版ビジネスモデル研究会のタスクフォースリーダー堀鉄彦氏(コンテンツジャパン代表取締役)。 イベント概要 日時 2019...
電子図書館サービス導入数は78館81自治体に ~ 電流協『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は10月29日、公共図書館の電子図書館サービス利用状況に関する調査レポートの最新版『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』を11月10日に発行することを発表した。今回のアンケート調査によると、電子図書館サービスを導入している公共図書館...
電流協、電子図書館を導入している公共図書館78館の一覧を発表  一般社団法人 電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は8月31日、有料で販売されている電子書籍を無料で貸出するタイプの電子図書館サービスを導入している自治体の公共図書館一覧を公表した。今後は電流協公式サイトにて、年4回程度の頻度で定期更新していく予定とのこと。  電流協によると、2018年...