KPMGフランス法人、同国の電子書籍市場に関するレポートを公開「出版社への売上寄与率は5%、ジャンルによって2%〜30%以上と大きな差」

【編集部記事】フランスの電子書籍ニュースサイト「ID BOOX」によると、大手会計法人KPMG(本部:オランダ・アムステルダム市)のフランス法人が、フランス国内における電子書籍市場に関するレポートを公開したとのこと。

 この「Baromètre 2016 del’offrede livres numériques en France」レポートでは、同国の出版79社を対象にアンケート調査。結果、各社への売上寄与率は平均5%と昨年より安定微増しているものの、ジャンルに応じて2%を下回っていたり、逆に30%を突破している出版社が混じっているとのこと。作家へのロイヤリティ支払については、「紙書籍と同率」が52%、「紙書籍より高いレート」が48%と、従来どおり作家への報酬については保守的であることが判明している。【hon.jp】

ID BOOXの記事( http://www.idboox.com/etudes/france-barometre-du-livre-numerique-chiffres-cles-et-perspectives-2020/

【PR】配信中の無料作品【テスト中】