中国Onyx、初の13.3型電子ペーパーの電子書籍端末「Onyx Boox Max」を出荷開始

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】米国の電子書籍端末ニュースブログ「The eBook Reader」によると、電子書籍端末メーカーのOnyx International社(本社:中国広東省)が、昨年発売予告していた13.3型E-Inkディスプレイの電子書籍端末「Onyx Boox Max」を出荷開始したとのこと。

 この13.3型モデルはもともと昨年秋に発売される予定だったが、E-Ink社の最新電子ペーパーパネル「Mobius」の最新高解像度モデルの納品が間に合わず、従来の1,600×1,200版Mobiusパネル採用に変更。価格は欧州の販売サイトで585ユーロ(約7.6万円)となっている模様。

 13.3型の電子ペーパー採用機は、すでにソニーの法人向けドキュメント端末「DPT-S1」が発売されており、複数の台湾メーカーも試作デモ機を披露しているが、実際に発売される電子書籍端末ではこれが初となる。【hon.jp】

問合せ先:The eBook Readerの記事( http://blog.the-ebook-reader.com/2016/02/08/video-showing-new-13-3-onyx-boox-max-and-9-7-n96/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ