中国Onyx、電子ペーパーディスプレイ採用のAndroidノートPC「Onyx Typewriter」を試作、デモ実演

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のARM系デバイスニュースサイト「ARMdevices.net」によると、電子書籍端末メーカーのOnyx International社(本社:中国広東省)が9.7型E-Inkディスプレイを採用したAndroidノートPC「Onyx Typewriter(通称)」を香港でデモ実演した模様。

 同社は電子書籍端末「Onyx Boox」シリーズの販売で有名だが、そのノウハウを活かし、脱着式キーボードを取り付けたノートPCを試作。電子ペーパーディスプレイを使った英文ワープロ専用機などはすでに海外で発売された事例がいくつかあるが、このOnyx Typewriterは中身がAndroid端末であるため、より広範な用途に使えそうかどうか検証目的で作られたとのこと。仮に実際に製品化が決定されたとしても、来年以降になるという。【hon.jp】

問合せ先:ARMdevices.netの取材YouTubeビデオ( https://www.youtube.com/watch?v=jF1b3qgw-K4

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ