台湾E-Ink社、折りたたみ可能な電子書籍端末プロトタイプをデモ実演

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国のARM系デバイスニュースサイト「ARMdevices.net」によると、電子ペーパーパネル最大手のE-Ink Holdings社(本社:台湾・台北市)が、先月末にロサンゼルス市で開催されたディスプレイ機器業界カンファレンス「SID DISPLAY WEEK 2017」で折りたたみタイプの電子書籍端末プロトタイプをデモ実演していたとのこと。

 折りたたみ型の電子書籍端末は10年前から数々のハードウェアベンチャーが開発・デモ実演してきたが、耐久性の関係で結局1つも製品化されないという状況が続いている。E-Ink社が今回デモ実演したプロトタイプでは少なくとも、技術的には着実に進化していることがわかる【hon.jp】

問合せ先:ARMdevices.netの記事( http://armdevices.net/2017/06/12/foldable-10-2-e-ink-e-reader-fashion-flexible-plastic-logic-smartwatch-smart-card-and-more/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ