「Harry Potter」シリーズ電子書籍版のEPUBファイルで使われているウォーターマーク技術は蘭BooXtream製

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】オランダの電子書籍ニュースサイト「eReaders.nl」によると、昨日欧米圏で発売されたことで話題の「Harry Potter」シリーズのEPUB版では、DRMの代わりにBooXtream社(本社:オランダ・アムステルダム市)のウォーターマーク技術が採用されているとのこと。

 ウォーターマークとは、電子書籍業界では俗に“Social DRM”、日本では“電子透かし”と呼ばれているもので、DRMを使わずにデータ流出経路を監視できる仕組み。一般的な電子透かし技術では、画像やファイル内部に購入者IDを仕込むことが多いが、BooXtream社ではさらにCSSファイルやファイルパーツ等にもIDがセットされているとのこと。

 BooXtream社ではこの技術をAPIサービスとして出版社等に提供しているとのこと。違法コピーに対しては抑止力的な効果しかないが、ハードウェア間を自由にコピーできるので、ユーザーたちにはとても好評のようだ。【hon.jp】

問合せ先:蘭eReaders.nlの記事( http://www.ereaders.nl/28031202_harry_potter-platform_maakt_gebruik_van_nederlands_drm-systeem

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連コンテンツ