Webアノテーションを普及促進するNPO団体Hypothes.isが始動、W3C、IDPF、大手教科書出版社も参画

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】Webアノテーションを普及促進するNPO団体Hypothes.is(本部:米国カリフォルニア州)は現地時間12月1日、電子出版関連企業・団体40社をメンバーに加え、本格稼働したと発表した。

 Webアノテーションとは、Webサイト上に、ユーザーがサイトオーナー側に干渉されることなく、自由にメモ・付箋を作成・保存できるレイヤーのこと。今回、参加したのはW3CやIDPF、JStor、Wiley社などで、今後3年間はとりあえず啓蒙活動期間として活動を始める。初年度の2016年の目標は、技術的課題の洗い出し作業になるという。【hon.jp】

問合せ先:Hypothes.isの参加団体( https://hypothes.is/annotating-all-knowledge/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連記事