電子書籍向け翻訳家マッチングサイト「Babelcube」、サービスを使った個人作家たちの評価「無料だし、いいか」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】昨年夏にオープンした個人作家向け翻訳家マッチングサイト「Babelcube」(本社:米国ニューヨーク州)について、実際のサービスを使っているユーザーたちからの評価を米Indies Unlimitedサイトが紹介している。

 Babelcubeの特徴は、翻訳家への支払いは売上ロイヤリティ・ベースとしている点で、作家には初期コスト投資のリスクがない。一方の翻訳家側は、10ページ程度テスト翻訳したものを作家側に提示し、ロイヤリティ契約を結ぶことになる。

 実際に同サービスを使っている個人作家たちの総合評価によると、Babelcube側システムの管理画面や原稿フォーマット処理に多くの欠点があるものの、「無料だし、いいか」という感じのようだ。【hon.jp】

問合せ先:Indies Unlimitedの記事( http://www.indiesunlimited.com/2015/12/01/babelcube-translate-your-book-for-free/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。