IDPF+W3Cの組織統合スタート、IDPF自体は団体活動停止、電子書籍ファイルフォーマット「EPUB」はW3C管轄下に

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】業界標準電子書籍ファイルフォーマット「EPUB」を推進するIDPF(本部:米国ワシントンD.C.)は現地時間1月31日、昨年からの計画どおりWorld Wide Web Consortium(本部:米国マサチューセッツ州、以後:W3C)との組織統合を実行し、団体として活動を正式に停止したことを発表した。

 IDPFは昨年6月にW3Cとの統合計画を明らかにし、11月4日に会員130社による投票を実施し、賛成多数で可決していた。これにより、電子書籍ファイルフォーマット「EPUB」の規格策定作業は今後W3Cが近日新設する「Publishing Business Group」中心で行なわれることになり、会員社の募集を開始した。

 なお、仕様策定について発言権はまったくないが、外部の一般ユーザー/開発者向けの無料オンライン討議グループ「EPUB 3 Community Group」も近日新設される予定。【hon.jp】

問合せ先:IDPFの発表( http://idpf.org/news/idpf-has-combined-with-w3c

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /

関連コンテンツ