IDPF、次期電子書籍ファイルフォーマット規格「EPUB 3.1」規格をRecommended Specificationとして承認

【編集部記事】業界標準電子書籍ファイルフォーマット「EPUB」を推進するIDPF(本部:米国ワシントンD.C.)は現地時間1月5日、策定中の次期規格「EPUB 3.1」について、会員投票の結果「Recommended Specication」として承認したと発表した。

 EPUB 3.1規格は、昨年2月からEditor’s Draft版を公開し、8月にPublic Draft版をネット公開。今回、Recommended Specificationとなったことで、電子書籍ビューワ開発各社の対応作業が徐々にスタートするものと予想される。【hon.jp】

問合せ先:IDPFの告知( http://idpf.org/news/members-unanimously-approve-epub-31-as-an-idpf-recommended-specification