HON.jp News Blog

慶大・東大出版会など学術出版6社、新刊を電子書籍とセット販売する「新刊ハイブリッドモデル」をサービス開始

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】慶應義塾大学出版会株式会社(本社:東京都港区)など学術出版6社は9月12日、丸善グループと共同で学術書の新刊を電子書籍とセット販売する「新刊ハイブリッドモデル」をサービス開始すると発表した。

 今回、新サービスを導入したのは人文系の慶應義塾大学出版会・勁草書房・東京大学出版会・みすず書房・有斐閣・吉川弘文館の6社。プラットフォームは、「大学図書館電子学術書共同利用実験」を経て作り上げられた京セラ丸善システムインテグレーション社の電子図書館プラットフォーム「BookLooper」と、すでに約300機関で導入実績のある丸善の電子書籍閲覧サービス「Maruzen eBook Library」を通じて行なう。

 プレスリリースによると、「学術書の新刊を電子書籍で提供してほしい」という学術・研究機関からの要望に応えるため、継続的に新刊電子書籍を提供し、コンテンツの拡充を図りたいとのこと。【hon.jp】

問合せ先:京セラ丸善システムインテグレーション社のシステム概要( http://www.kmsi.co.jp/solution/digitalbook/digital_library.html

モバイルバージョンを終了