Amazon社内で戦略変更の動き? AndroidアプリのInApp課金価格についてはボット介入せず

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米ITニュースサイト「Techcrunch」によると、Amazon社(本社:米国ワシントン州)が昨年から運営しているAndroidアプリ販売ストア「Amazon App Store」の価格ポリシーについて興味深い動きが起こっている模様。

 記事によると、同ストアでは一部ゲームデベロッパーを対象に昨年秋からInApp課金サービスをベータ提供しているが、その価格についてはAmazon側は一切介入しない方針になっているとのこと。Amazon社はもともと、どんな商品であれ値段を自動的(ボットプログラムを使い)にディスカウント調整することで有名なため、InApp課金とはいえ今回の処置はきわめて珍しいとのこと。

 単なるテストなのか、それともいずれ書籍・雑誌コンテンツ等にも拡がる大きな戦略変更なのか、今後の動向が注目される。【hon.jp】

問合せ先:米Techcrunchの記事( http://techcrunch.com/2012/04/03/amazon-in-app-payments-30-percent-revenue-share/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: