図書館流通センター、電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」導入館に一部のコンテンツを期間限定で無償提供 ~ 新型コロナウイルス感染拡大を受け

LibrariE & TRC-DL
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社図書館流通センターは3月9日、運営する電子図書館サービス「LibrariE & TRC-DL」導入館に対し、一部のコンテンツを期間限定で無償提供することを発表した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた対応。

 無償提供されるタイトルは、株式会社KADOKAWA「角川つばさ文庫」など100タイトル、株式会社ヤック企画「Hir@gana Times」2018年と2019年刊行の24冊、株式会社母子保健事業団「子どもの感染症と予防接種の手引き」第4版。準備ができ次第配信予定なのが、有限会社ジェイ・リサーチ出版「小学生のための英検5級合格単語600」ほか語学系学習参考書22タイトル。いずれもマルチライセンスで、複数のユーザーが同時に閲覧できる。無償期間は4月5日まで。

 図書館流通センターの「LibrariE & TRC-DL」は、78自治体275館の公共図書館へ導入されている(2020年3月現在)。2016年10月に株式会社日本電子図書館サービス(JDLS)と資本提携し、新刊小説やライトノベル・実用書などのラインアップを増強、約8万タイトル(2020年3月現在・青空文庫を除く)が提供可能になっている。また、2018年10月にはビブリオテカ社と提携、洋書150万タイトルもラインアップに加えている(記事)。

 これらのタイトルを貸出可能とするには通常、導入図書館が料金を支払う必要がある。今回の特別措置はそれを期間・タイトル限定で無償としたもの。問い合わせは図書館流通センター 広報部まで。

参考リンク

図書館流通センターのお知らせ

noteで書く

広告

HON.jp News Blogをフォローする

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 540 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学と二松學舍大学の非常勤講師でデジタル編集論と表象メディア演習を担当 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)/ プロフィール画像は©鈴木みそ氏
タグ: / / / / / / / / / / /

関連記事