【更新】銀の鈴社、児童書・絵本・詩集など約500点をアイプレスジャパンの電子書店「コンテン堂」モール内にて期間限定で無料配信 ~ 新型コロナウイルス感染拡大を受け

コンテン堂『ぼうぼうあたま』詳細ページ
コンテン堂『ぼうぼうあたま』詳細ページ
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社銀の鈴社は3月9日、同社が出版する児童書・絵本・詩集など約500点の電子書籍を、アイプレスジャパン株式会社の運営する電子書店「コンテン堂」モール内の「銀の鈴社電子ブックストア」で、期間限定の無料配信を開始した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた臨時休校への対応。

 無料公開されるのは、谷川俊太郎、井上靖、内田倫太郎などの作品。コンテン堂に会員登録(無料)したのち、0円で「レンタル(31日間)」する形式。閲覧には専用の「ConTenDoビューア」をインストールする必要がある。ビューアはWindows、Mac、Android、iOSに対応している。

 銀の鈴社 取締役 西野大介氏は「新型コロナ休校を受け、自宅でネットやゲーム、YouTubeなどに時間を費やす子どもたちが多いと思います。本が読みたくても図書館も休館となっている今こそ、出版社が読書体験の機会を作るべきだと考えました。電子書籍であれば外出も不要で、この長くなってしまった春休みを良書と出会える良い期間、心の杖になる言葉と出会う機会にしてもらえればうれしいことです。」とコメントしている。

[以下4月10日更新]キャンペーン期間が1カ月延長され、5月10日まで0円で「レンタル(31日間)」できるようになった。[更新ここまで]

参考リンク

銀の鈴社電子ブックストア(電子書籍サイト コンテン堂モール内)
https://contendo.jp/store/ginsuzu/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

鷹野凌
About 鷹野凌 517 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)。アイコンは©鈴木みそ氏
タグ: / / / / / / / / /

関連記事&広告