児童書ブックフェアで今年からグラフィック・ノベル賞設立

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 毎年イタリアで開催されるボローニャ児童書ブックフェア(3月30日〜4月2日)では、今年から最優秀とされたグラフィック・ノベルにラガッツィ賞を贈る。合わせてグラフィック・ノベルの版権コーナーを設け、30社あまりが参加すると発表した。

 この賞は early reader(初心者向け)、middle grade(おおよそ日本の小学生にあたる)、young adult(ティーンエイジャー)と対象年齢層別になっている。

2020年の受賞作

Early Reader

Written and Drawn / Herietta Liniers (Toon Books, USA, 2015)

Middle Grade

Imbattable: Justice et Legumes Frais / Pascal Jousselin (Dupuis, Belgium, 2017)

Young Adult

The Short Elegy / Animo Chen (Locus Publishing, Taiwan, 2019)

参考リンク

ボローニャ児童書ブックフェアのサイト 
http://www.bookfair.bolognafiere.it/en/highlights/awards/bolognaragazzi-award/2020-winners/10057.html
パブリッシャーズ・ウィークリーの記事
https://www.publishersweekly.com/pw/by-topic/childrens/childrens-industry-news/article/82399-bologna-2020-debuts-comics-award-winners-comics-corner.html
板橋経済新聞の記事(2019年に成増で開催された「ボローニャ・ブックフェア in いたばし」の記事)
https://itabashi.keizai.biz/headline/415/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About 大原ケイ 257 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。
タグ:

関連記事

コメントする

avatar
1000