集英社直営の新電子書店「ゼブラック」サービス開始 ~ 23時間待つともう1話無料で読める「話読み」サービスも

集英社ゼブラック
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社集英社は12月9日、新たな直営電子書店「ゼブラック」のサービスを開始した。集英社のマンガやライトノベルなどが巻単位と話単位で購入できるほか、23時間待つと無料でもう1話読めるチケットがもらえる「話読み」サービスも提供する。

 ゼブラックで配信される作品は、ジャンプコミックス、ヤングジャンプコミックス、りぼんマスコットコミックス、マーガレットコミックス、JUMP j BOOKS、デジタル写真集など。単行本はサービス開始時点で約1万8000点。雑誌は本稿執筆時点で「週刊少年ジャンプ」「ジャンプGIGA」「ウルトラジャンプ」が配信され、今後定期購読にも対応予定で、対象雑誌も増えていく予定とのこと。

 閲覧はブラウザビューアと、AndroidおよびiPhoneアプリが提供されている。「話読み」の対象作品には1話分が読めるチケットが付与されており、チケットを使って1話読むと23時間後に対象作品のうち好きな1話が読めるチケットが新たに配布される。閲覧期間は72時間。作品毎に読める話数の範囲は異なる。なお、12月28日までリリース記念で、チケットの回復時間が12時間に短縮されるキャンペーンが実施されている。

参考リンク

集英社「ゼブラック」
https://zebrack-comic.com/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

この記事の著者について

About 鷹野凌 339 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の非常勤講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: /

関連記事

コメントする

avatar
1000