『生命の歴史は繰り返すのか? 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む』Jonathan B. Losos(著)/的場知之(訳)/化学同人/6月1日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介

NetGalley

《この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です》

 進化は予測可能な方向をたどるのか、それとも偶発的なのか。

 発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。

 書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらかじめご了承ください。

生命の歴史は繰り返すのか? 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む

Jonathan B. Losos(著)/的場知之(訳)/化学同人

内容紹介

生命の歴史は繰り返すのか? 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む■ 本書は、進化についての考え方や、議論のあり方を一変させるだろう。自然淘汰と進化的変化に関するロソスの洞察は、生態系の保護、食料供給の安定、有害なウイルスや細菌との闘いに、広く応用できる。臨場感たっぷりに描かれた、この進化をめぐる物語は、わたしたち人類について、そして自然界や宇宙における人類の役割について、新たな理解をもたらすだろう。

■ グッピーやショウジョウバエ、細菌、キツネ、シカネズミ、そして彼自身のカリブの島じまのアノールトカゲの実験を通して、生命のテープのリプレイがおこなわれ、進化がきわめて急速に、また予測可能なかたちで起こりうることが明らかになる。

■ ジョナサン・ロソスは、進化生物学における最新のブレイクスルーが、いまなお続く科学界屈指の大論争にもたらした新たな知見を明らかにする。世界各地を訪れ、地球の生命史における最大のミステリーを、進化実験で解決しようと奮闘する研究者たちに出会う。ロソス自身も、このエキサイティングな新分野のリーダーのひとりだ。

■ いま存在する動植物や、わたしたちヒトは、必然的に生まれたのか、それともたまたま運良く進化しただけなのか? ほかの惑星に存在する生命について、そこから何が言えるだろう?

■ 地球の生命の歴史は、目を見張るような収斂の事例でいっぱいだ。眼や翼、木に登るトカゲは、何度も独立に進化した。一方で進化生物学者は、偶発性を示す例も数多く発見してきた。ランダムな遺伝的変異や、はるか昔のチョウの羽ばたきといった、ごくわずかな変化が、進化のたどる道筋をしばしば大きく書き換えた。この2つの力は、常に変わりつづける自然界で、それぞれどんな役割を果たしているのだろう?

—————————————————–
【目次】
序章 グッド・ダイナソー
第一部 自然界のドッペルゲンガー
 第1章 進化のデジャヴ
 第2章 繰り返される適応放散
 第3章 進化の特異点
第二部 野生下での実験
 第4章 進化は意外と速く起こる
 第5章 色とりどりのトリニダード
 第6章 島に取り残されたトカゲ
 第7章 堆肥から先端科学へ
 第8章 プールと砂場で進化を追う
第三部 顕微鏡下の進化
 第9章 生命テープをリプレイする
 第10章 フラスコの中のブレイクスルー
 第11章 ちょっとした変更と酔っぱらったショウジョウバエ
 第12章 ヒトという環境、ヒトがつくる環境
終章 運命と偶然:ヒトの誕生は不可避だったのか?

出版社からの備考・コメント

★《フォーブス》誌2017年度生物学書の名作

★ これまで広く一般向けに書かれたすべての進化生物学に関する本のなかで、本書は傑出した作品だ。壮大な地球の生命史、人類の存在の本質的な危うさ、地球外生命体の存在確率といったテーマを、これほど綿密に、わくわくするような筆致で描き出せるのは、科学者としてもナチュラリストとしても卓越した筆者ならではだ。──エドワード・O・ウィルソン(ハーバード大学名誉教授)

★「ときどき素晴らしい本が出版され、わたしたちが進化について理解していることを再考するのに役立つ。本書は魅惑的で、強烈で、やめられない。まさに、そういう本だ。生き生きとした筆致と思慮深く挑発的な洞察力を備えたロソスの進化論研究は、エドワード・O・ウィルソンの『人類はどこから来て、どこへ行くのか』(化学同人)とスティーヴン・J・グールドの『ワンダフル・ライフ』(早川書房)と並んで読む価値がある。」──BookPage

おすすめコメント

 進化は予測可能な方向をたどるのか、それとも偶発的なのか。グールドとコンウェイ=モリスによる科学界屈指の大論争は、進化実験で解決するというブレイクスルーにより、新しいフェーズに入った。このエキサイティングな新分野の科学者たちは、グッピーやショウジョウバエ、細菌、シカネズミ、アノールトカゲの実験で生命テープをリプレイし、進化がきわめて急速に、また予測可能なかたちで起こりうることを明らかにした。臨場感たっぷりに描かれた進化をめぐる物語は、著者の説得力のある筆致も相まって、わたしたちの思考を刺激する。

出版情報

発行形態:ソフトカバー
ISBN:9784759820072
ジャンル:ノンフィクション , 科学
刊行日:2019/06/01

NetGalleyの紹介ページ

https://www.netgalley.jp/catalog/book/163645

NetGalleyの使い方(公式ヘルプ)

https://netgalley.zendesk.com/hc/ja/articles/115003991694
(※情報提供:株式会社メディアドゥ)

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About HON.jp News Blog編集部 181 Articles
HON.jp News Blogは、デジタル革命により激動の時を迎えた出版という営みの未来を拓くため、革新的(イノベーティブ)な動きや考えをニュース・コラムなどの形で紹介・解説・提案する非営利のメディアです

関連記事

『おじいわんソーヤ』東雲鈴音/講談社/5月15日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  おじいちゃん犬だから、おじいわん。一緒に時を重ねていく、幸せと、せつなさと。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されて...
『幸福と人生の意味の哲学』山口尚/トランスビュー/5月20日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  「不幸なのに、どうしようもなく苦しいのに、死んだ方が楽であるのに、なぜ生きていかねばならないのか?」……そう問う人に、あなたならどう答えるか。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。 ...
『みつけた! 水べのいきもの』谷本雄治/石森愛彦/童心社/6月10日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  水辺で出会える生き物を紹介した入門絵本図鑑。子どもたちが身近で出会える生き物たちの、びっくりするような生態を、コミカルなイラストで掲載。じっくり見て、遊んで、生き物と友達になろう。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネッ...
『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』ブレイディみかこ/新潮社/6月12日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  ただでさえ思春期ってヤツなのに、「ワケあり」だらけの中学校では、家庭環境とか、性別の違いとか、ときには両親の肌の色をきっかけに、毎日が事件の連続。それでも、ぼくたちは大人たちの常識を軽く飛び越えて、子どもなりのやり方でそれを乗り越えていく。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプ...
『魔法がとけたあとも』奥田亜希子/双葉社/5月23日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  昨日までの自分と、今日からの自分。世界が変わっても、私はここにいる。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能...
『託された子は、陰陽師!? 出雲に新月が昇る夜』望月麻衣/ポプラ社/5月5日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  時を超えた約束を果たすため、ちびっこ陰陽師がよみがえる――!  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性があり...
『ランキングのカラクリ』谷岡一郎/自由国民社/4月18日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  統計のプロフェッショナルが教える数字とデータの「正しい」読み解き方。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能...
『すきって いわなきゃ だめ?』辻村深月(作)/今日マチ子(絵)/瀧井朝世(編)/岩崎書店/5月21日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  恋愛観や結婚観、ジェンダー観などが変わりつつある今。“人を好きになる”という純粋な気持ちと、現代の感覚に響く恋を描いたシリーズが誕生しました。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。 ...
『すきなひと』桜庭一樹(作)/嶽まいこ(絵)/瀧井朝世(編)/岩崎書店/5月21日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  大人気作家が恋をテーマに贈る新シリーズ、創刊!  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変更されている可能性がありますのであらか...
『むらさきのスカートの女』今村夏子/朝日新聞出版/6月7日刊行予定 ~ 発売前作品のゲラが読める NetGalley 新着作品紹介...  雑誌「小説トリッパー」掲載時から新聞・通信社の文芸時評でも取り上げられている注目作。  発売前の本のゲラを読み、レビューを投稿して本のプロモーションを応援できるサービス「NetGalley」(ネットギャリー)の新着作品紹介です。  書誌情報や表紙は本稿執筆時点のものであり、刊行時には変...