米アップルの電子雑誌定額読み放題サービスに出版社側から不満の声

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 米アップルが準備を進めている電子雑誌購読サービスでは、提携する雑誌側に売り上げの50%が渡される仕組みだが、メディア側からこれではあまりにも少なくて不公平だという声が上がっている、と広告業界誌 AdAge やウォール・ストリート・ジャーナルなど複数のメディアがその詳細を伝えている。

 この春にもスタートする予定のサービスは、毎月10ドル払えば参加している媒体の雑誌がいくらでも読めるというもの。だが、どの雑誌媒体がどのぐらい読まれたと判断してその50%の売り上げを分割するのかといった情報も公開されていない。アップルには既に「Apple News」があるが、アクセスする人は毎月9000万人と多いものの、儲かっているサービスではないし、どうやって住み分けをするのかも定かではない。

 アップルは昨年、コンデナスト、ハースト、メレディスといった大手雑誌出版社が共同で立ち上げた「Texture」というアプリを買収した。Texture では数百誌のコンテンツに制限なしでアクセスできたが、レイアウトは紙の雑誌をなぞったものだったが、成功したとは言えず、それぞれの出版社でリストラが続いていた。その Texture のUIをアップルがデザインし直して提供する形となった。

 それでも雑誌社が従わざるを得ない背景には、デジタル・マガジンでの大量解雇という厳しい現実がある。先月だけでもバズフィード、ヴァイス、ハフィントン・ポストのオーナーであるヴェライゾン・メディアなどで2000人が職を失った。

 フェイスブック、グーグル、アップルといった企業のポータルが情報の主なコンタクトポイントとなった昨今、既存の雑誌業界は読者と広告主を人質に取られたようなものだ。だが、アップルは顧客のデータ収集やデジタル広告に慎重な上、コンテンツに関しても編集監督をキープしている。

 アップルは最初の1年で200万ドルの売り上げを見込んでいるが、それは旧 Texture の10倍にも値する。あまりにも楽観的だし、その売り上げがどうコンテンツ提供側に還元されるのかわからず、コミットしかねている出版社が多いようだ。

参考リンク

AdAgeの記事
https://adage.com/article/digital/greedy-apple-half-publishing-subscription-sales/316619/
ウォールストリート・ジャーナルの記事
https://www.wsj.com/articles/publishers-chafe-at-apples-terms-for-subscription-news-service-11549998416

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 148 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

米オーディブルが和解に応じて期限切れのキャンセル分を返却  アマゾン傘下のオーディオブックサービス、オーディブルが2件の集団訴訟で和解した。  この訴訟は Audible.com のアカウントをキャンセルした時や、ギフト会員期間が過ぎるとオーディオブックと交換できるクレジットが失われることを、ユーザーに伝えてなかったという内容だった。米連邦の商業法で...
クラウドレストラン評の先駆け、ザガット・ガイドが紙版で復刻  えんじ色の縦長の冊子で毎年エリア別のレストランがランク付けされる「ザガット・ガイド」がこの秋、復活するとニューヨーク・タイムズが伝えている。  2016年で冊子型のガイドを作るのを止め、オンラインに移行していたザガットだが、今秋発表される2020年度のサーベイ結果は、まずはニューヨーク版をプ...
マイクロソフトがEブックを終了、購入分は払い戻しへ  2017年4月にスタートしたマイクロソフト・ストアのEブック(当時の記事)は、4月2日付で閉店した。7月以降は既に購入した本も読めなくなることとなり、ユーザーがこれまでに購入した全てのEブック分は払い戻しされる。  新たにEブックを購入することはできないが、払い戻しが処理される7月まで購入分...
フェイスブックがコンテンツ代を払うという発言に沸き立つ出版業界  フェイスブックなどのSNSが無料でニュース記事が読めるプラットフォームとして定着し、窮地に追いやられていた米マスコミ業界だが、マーク・ザッカーバーグCEOの「これからはニュースコンテンツに金を出す」という発言を注意深く見守っている、とビジネスニュースサイトの「ビジネス・インサイダー」が伝えている。...
Eブックよりも紙の本の方が子どもとの絆が深まるという研究結果  小さい子どもにはタブレットより紙で本を読む方が親との触れ合いが高まるという研究結果が出たと、ニューヨーク・タイムズ紙が伝えている。  早い時期での読み聞かせによる神経発達、教育成果、社会性向上の利益は既に指摘されているが、最新の研究結果では、紙の本の方が親子の絆を深めるのにより良いとする結果...
ついに日本語縦書きへ対応、iWork macOSとiOSのアップデート版が配信開始 ~ Pagesは縦書きのEPUB書き出しにも対応...  Apple Inc.は3月29日、macOSとiOSでiWorkアップデート版の配信を開始した。ワープロの「Pages」、表計算ソフトの「Numbers」、プレゼンソフトの「Keynote」のいずれも、縦書きに対応するなどの大型アップデートになっている。macOS版、iOS版どちらも、Pagesで...
セミナー「アメリカに日本のマンガを輸出する」4月22日東京で開催(松井剛/日本電子出版協会)...  一般社団法人日本電子出版協会は4月22日、セミナー「アメリカに日本のマンガを輸出する」を東京で開催する。登壇者は同名著作を3月14日に有斐閣から刊行した、一橋大学大学院経営管理研究科教授 松井剛氏。 イベント概要 日時 2019年4月22日(月)15時から17時30分(14時30分受付開...
アップルの米定額読み放題サービスに参加した雑誌出版社、拒否した新聞社  3月25日にアップルが発表した「アップル・ニュース・プラス」という定額読み放題(毎月10ドル)サービスには300誌ほどの雑誌が参加したが、新聞は3紙(ロサンゼルス・タイムズ、トロント・スター、ウォール・ストリート・ジャーナル)しかない。新聞業界ではここ10年ほど、リストラや、広告費の減少や、部数の...
いちから始めるアメコミ出版社に勝算はあるか?  アメリカン・コミックといえば、バットマンのDCコミックスと、スパイダーマンのマーベル・コミックス2社の複占市場に近い。そこに新しいプレーヤーが入っていけるだろうか?とニューヨーク・タイムズがコミック出版社を紹介している。  2大コミック社以外では、ロバート・カークマンが描く『The Walk...
米ヴィズ・メディアが現地のマンガ系グラフィック・ノベルの新インプリント設立  小学館と集英社がアメリカのサンフランシスコで立ち上げたマンガ出版社ヴィズ・メディア(Viz Media)が、日本のマンガやアニメに影響を受けたアーティストらによるオリジナルのグラフィック・ノベルを刊行するインプリント「ヴィズ・オリジナル(Viz Originals)」を創設すると業界誌パブリッシャ...