出版デジタル機構がメディアドゥを吸収合併し電子取次事業などの集約予定を発表 ~ 存続会社は名称をメディアドゥに変更、新設立の出版デジタル機構がW3CやJPOなどと連携協力

メディアドゥホールディングスの2019年2月期3Q決算説明資料
メディアドゥホールディングスの2019年2月期3Q決算説明資料より

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 株式会社メディアドゥホールディングスは1月15日、連結子会社の合併に関するお知らせを発表した。株式会社出版デジタル機構が株式会社メディアドゥを3月1日に吸収合併し、電子書籍取次などの既存事業を集約する。合併後の法人名は、出版デジタル機構からメディアドゥへ変更される。また、新たに同名企業の出版デジタル機構を設立し、インターネット技術の世界的標準化推進団体 W3C での EPUB 標準仕様検討や、日本出版インフラセンター(JPO)が推進する紙と電子の出版情報データベース構築への協力など、業界横断的な事業を手がける予定になっている。

 出版デジタル機構とメディアドゥは、どちらも電子書籍取次事業などを手がける企業。2017年3月に、メディアドゥが出版デジタル機構を子会社化(記事)。両社での業務連携による効率化や、事業拡大などについて協議を重ねてきた。両社の合併は、最大の課題だった新統合システム開発に目処が付いたことなどに伴う。

メディアドゥホールディングスの2019年2月期3Q決算説明資料
メディアドゥホールディングスの2019年2月期3Q決算説明資料より

 両社の統合と新会社設立は、システムの一本化による運用の効率化、ブロックチェーンなど先端技術応用速度の向上、電子書籍フォーマットや出版データベースなど出版業界全体のインフラ整備を目的とする。なお、現時点で出版デジタル機構が行っている、電子書籍取次事業、POD取次、電子図書館取次事業、電子書籍制作支援事業、NetGalley、Picassolなどはすべて、吸収合併後の新メディアドゥに移管される予定とのこと。

 また、メディアドゥホールディングスは2018年12月18日に、W3Cへの加盟を発表。同時に、W3C で行われる日本での電子出版を研究・推進する目的で慶應義塾大学SFC研究所に設立されたアドバンスド・パブリッシング・ラボ(APL:Advanced Publishing Laboratory)の加盟社を、2019年4月より、出版デジタル機構からメディアドゥホールディングスに変更予定としていた(記事)。この予定に変更はないが、関連する事業の実務を担う法人格としては、3月1日以降は新設される出版デジタル機構が担う形となる。

参考リンク

メディアドゥホールディングスのプレスリリース(PDF)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3678/tdnet/1663231/00.pdf
メディアドゥホールディングスの2019年2月期3Q決算説明資料(PDF)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/3678/tdnet/1663401/00.pdf

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 205 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習/を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

ついに日本語縦書きへ対応、iWork macOSとiOSのアップデート版が配信開始 ~ Pagesは縦書きのEPUB書き出しにも対応...  Apple Inc.は3月29日、macOSとiOSでiWorkアップデート版の配信を開始した。ワープロの「Pages」、表計算ソフトの「Numbers」、プレゼンソフトの「Keynote」のいずれも、縦書きに対応するなどの大型アップデートになっている。macOS版、iOS版どちらも、Pagesで...
紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携...  株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。  「Ki...
出版物総合カタログサイト「出版書誌データベース(Pub DB)」がオープン ~ JPRO登録の約230万点が検索可能に...  一般社団法人日本出版インフラセンター(JPO)は3月25日、出版物の総合カタログサイト「出版書誌データベース」(通称:Pub DB)をオープンした。一般社団法人日本書籍出版協会(書協)が運営していた検索サイトを引き継ぎ、国内で発行された紙の書籍と電子書籍の情報を蓄積、約230万点が検索できるサイト...
アイタロー×ナカシマ723×鈴木みそ「報奨金総額2000万→5000万のKindleインディーズトップ体験談トーク」3月23日開催(マンガ新聞)...  株式会社メディアドゥのマンガ新聞は3月23日、トークイベント「報奨金総額2000万→5000万のKindleインディーズトップ体験談トーク」を開催する。登壇者はマンガ家のアイタロー氏とナカシマ723氏。聞き手は鈴木みそ氏。 イベント概要 日時 2019年3月23日(土)15時から16時3...
吉井順一×高見真也×村田真×小林龍生×三瓶徹×村瀬拓男「EPUB、A11Y、日本語書記技術、LCP、健全なネット取引」3月19日開催(Advanced Publishing Laboratory)...  Advanced Publishing Laboratory(APL)は3月19日、シンポジウム「EPUB、A11Y、日本語書記技術、LCP、健全なネット取引」を開催する。登壇者は吉井順一氏、高見真也氏、村田真氏、小林龍生氏、三瓶徹氏、村瀬拓男氏。 イベント概要 日時 2019年3月19...
固定レイアウトのEPUBファイルがブラウザ上から誰でも簡単に作成できるツールをブックウォーカーが無償で提供開始...  株式会社ブックウォーカーは1月15日、コミックなど固定レイアウトの電子書籍データ(EPUB形式)を誰でも無料で作成できるウェブツール「BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツール」β版の提供を開始した。  BOOK☆WALKER 電子コミック作成ツールは、ブラウザ上で jpg や png ...
W3Cでデジタルマンガの動的な表現技法を実現するためのコミュニティグループが発足、マンガ家や編集者などの参加を呼びかけ...  慶應義塾大学SFC研究所のアドバンスド・パブリッシング・ラボは1月8日、W3Cに未来のデジタルマンガについてのコミュニティグループ(BD Comics Manga Community)が発足したことを発表した。日本語のメーリングリストもあり、マンガ家や編集者をはじめとする関係者の参加が呼びかけられ...
要約を活用した読書コミュニティ「flier book labo」が3月から開始、無料体験会の参加申込み受付中...  本の要約サイト「flier」を運営する株式会社フライヤーは12月19日、要約を活用した読書コミュニティ「flier book labo」を3月から正式スタートすることを発表した。2月に2回実施される無料体験会の参加申込み受付が開始されている。  フライヤーは、メディアドゥグループでメディア・...
インターネット技術の世界的標準化推進団体W3Cにメディアドゥホールディングスが加盟  株式会社メディアドゥホールディングスは12月18日、インターネット技術の世界的標準化推進団体である W3C(World Wide Web Consortium)に加盟したことを発表した。これによりメディアドゥホールディングスは、電子書籍の国際標準規格策定への提言活動をより強化するのと同時に、未来の...
大手出版4社と出版デジタル機構が慶應SFCと海賊版サイト対抗手段や電子出版技術基盤などを研究する勉強会を発足...  慶應義塾大学SFC研究所のアドバンスド・パブリッシング・ラボは11月21日、マンガのインターネット流通環境整備に関する勉強会の発足を発表した。海賊版サイトに対抗する手段や、電子出版技術基盤、クリエイターの制作環境整備などに関する研究が主なテーマとなる。  アドバンスド・パブリッシング・ラボ(...