メディアドゥ、電子書籍取次会社の出版デジタル機構を正式に子会社化

【編集部記事】電子コミック流通・配信などを行なっている株式会社メディアドゥ(本社:東京都千代田区)は3月31日、2月28日に事前発表していた電子書籍取次会社の株式会社出版デジタル機構(本社:同)の子会社化を、正式に発表した。

 出版デジタル機構は2012年に電子出版ビジネスのインフラ整備を目指し、株式会社産業革新機構(本社:東京都千代田区)と出版社12社・印刷会社2社が設立。翌年には電子書籍販売サイトへの作品供給を本格スタートし、凸版印刷グループの電子書籍取次会社である株式会社ビットウェイ(本社:東京都台東区)の全株式を取得。ただ、70%を保有する最大株主が時限制の官民ファンドである産業革新機構ということもあり、電子書籍関係者の間ではその保有株の今後の動向が注視されていた。

 プレスリリースによると、メディアドゥ側は買収金額の88億円全額を金融機関から借入で調達し、業績への影響については近日発表予定の業績予想に織り込んで発表するとのこと。【hon.jp】

問合せ先:メディアドゥのプレスリリース( http://www.mediado.jp/corporate/1603/

【PR】配信中の無料作品【テスト中】