米Adobe、Google社と共同でオープンソース書体「源ノ明朝」をGitHub公開、電子書籍・スマホユーザーを意識してデザイン

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】アドビ システムズ株式会社(本社:東京都品川区)は4月4日、米国Adobe Systems(本社:米国カリフォルニア州)がオープンソース書体「源ノ明朝」をGitHub公開したことを発表した。

 この書体はCJK言語圏のデジタルデバイスの表現力を高めるためにGoogle社などと共同でデザイン作業を進めてきたもので、2014年7月にリリースした「源ノ角ゴシック」のセリフ系となる。デザインチームによる解説ビデオによると、電子書籍を含むスマートフォンユーザーを意識してデザインされたとのこと。【hon.jp】

問合せ先:「源ノ明朝」フォント概要説明サイト( https://source.typekit.com/source-han-serif/jp/

noteで書く

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /

関連コンテンツ