小学館、電子雑誌の閲覧傾向を分析するためAdobe社アクセス解析ソリューション「Adobe Analytics」を採用

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】アドビ システムズ株式会社(本社:東京都品川区)は7月9日、株式会社小学館(本社:東京都千代田区)が電子雑誌の閲覧傾向を分析するために、自社アクセス解析ソリューション「Adobe Analytics」を採用したことを発表した。

 Adobe Analyticsはもともと、2012年からAdobe社が提供しているサイトアクセス解析サービス。2013年からは電子出版物やモバイルアプリにも対応し、今回小学館ではAdobe Digital Publishing Solutionで電子雑誌制作を行なっている12誌で連携させることになった。

 アドビ社によると、国内のAdobe Digital Publishing SolutionユーザーでAdobe Analyticsを採用したのは小学館が初めてとのこと。【hon.jp】

問合せ先:アドビ システムズのプレスリリース( https://www.adobe.com/jp/news-room/news/201507/20150709_shogakukan.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /