アドビが「Adobe Creative Suite 5.5」日本語版を発表、InDesignはEPUB3形式の電子書籍制作に対応

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】アドビ システムズ株式会社(本社:東京都品川区)は4月11日、同社がWindows/Mac向けに販売するプロクリエイター向けソフトパッケージ「Adobe Creative Suite」の最新版となる「Adobe Creative Suite 5.5」日本語版を発表した。

 5月下旬から発売が予定されているこのAdobe Creative Suite 5.5パッケージでは、DTPソフト「Adobe InDesign」「Adobe Dreamweaver」「Adobe Flash Professional」などのバージョン番号が「CS 5.5」にアップグレード。とくに電子書籍関係者たちが注目するDTPソフト「Adobe InDesign」については、この新バージョンでEPUB3形式の電子書籍制作などにも正式対応している。

 なお、「Adobe Photoshop」「Adobe Illustrator」はバージョンアップはなく、従来どおり「CS5」のまま同梱されるとのこと。販売パッケージと価格は、同梱ソフトの内容に応じて5種類(19万8,450円〜39万7,950円)。【hon.jp】n

問合せ先:Adobe InDesign CS5.5日本語版の製品ページ( http://www.adobe.com/jp/products/indesign.html

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: /