インスタグラムはインディペンデント書店を救うか

《この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です》

 インターネットがインディペンデント書店を殺した、のではないかもしれない。1995年以来アマゾンの台頭で「ブリック&モルタル」と呼ばれるリアル書店の危機が言われてきたし、2007年にキンドルのデバイスを発表すればしたで紙の本がなくなるとまで言われていた。だが大手チェーンのバーンズ&ノーブルの迷走やボーダーズ倒産にもかかわらず、家族経営のインディペンデント書店数は微増している。そして本を殺すといわれたインターネットは、インスタグラムなどの SNS を提供し、小さな本屋さんに新しい息吹を吹き込んでいる、と解説系オンラインニュースメディアの Vox が伝えている。

 全米書店協会(American Booksellers Association)によると、2009年から2015年にかけて、アメリカのインディペンデント書店は35%も増えた。2013年から毎年紙の本の売り上げは伸び続け、10.8%増となっている一方で、既存出版社から刊行されるEブックは2016年から2017年にかけて10%落ちている。インディペンデント書店が好調な理由のひとつは、SNS を使って地元コミュニティに密着しているからだ。

 スマホを枕元に置いて寝るのがあたりまえの時代に、多くの人々は「自分は賢くて、読書好き」というイメージを SNS で作りたがる。インスタグラムでは #bookstagram というハッシュタグに2600万枚もの写真がアップされ、文豪の著書と写真におさまる人で溢れている。

 スマホ中毒を認識する一方で、そこから脱しようと敢えて本を手に取る者も多い。年に100冊読む宣言をし、自分のライフスタイルに合った本の写真をあげたり、自宅の本棚の背表紙を色別に並べて「インスタ映え」を狙ってみたり。

 インディペンデント書店の復興を研究しているハーバード・ビジネススクールのライアン・ラファエリ教授は、デジタル時代の本屋の成長のカギは「コミュニティを創る」ことに限ると言う。「地元の本屋にくることで、このコミュニティの一員なんだと再確認し、本を買うだけでなく、同じような考えを持つ人に出会うことを期待している」と解説する。そして本屋でのイベントに来る若い層は競ってその様子を SNS にアップし、拡散する。「次の世代は、コミュニティを実際の場としてだけでなく、オンラインのコミュニティと考えていて、書店はそれを承知しているわけです」

 いちばんインスタ映えする本屋といえば、ロサンゼルスの Last Bookstore だろう。2011年にオープンした店内は、本でできたトンネルや窓など思わず写真に撮りたくなるような本のオブジェで溢れている。一方で、昨年ニューヨークのブルックリンにオープンしたばかりの Books are Magic 書店では、開店前から SNS でアピールしていた。「本は魔法」というキャッチーな店名も一役買って、グッズも売れている。(日本のポップアップストアで売るからと、トートバッグを100も買っていった女性もいるとか)例え1冊の本も買わなくても、店舗の壁画の前で写真を撮る者も後を絶たない。

 だがこういった行為は単に「見栄を張る」以上に本の売り上げにつながるのだろうか? Vox の記事のライターは自分こそ、記事に書かれたトレンドにすべてハマったついでに、努めて地元の書店で本を買う機会が増えたと証言している。

参考リンク

Voxの記事
https://www.vox.com/the-goods/2018/12/19/18146500/independent-bookstores-instagram-social-media-growth

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 大原ケイ 148 Articles
NPO法人HON.jp 理事。日米で育ち、バイリンガルとして日本とアメリカで本に親しんできたバックグランドから、講談社のアメリカ法人やランダムハウスと講談社の提携事業に関わる。2008年に版権業務を代行するエージェントとして独立。主に日本の著作を欧米の編集者の元に持ち込む仕事をしていたところ、グーグルのブックスキャンプロジェクトやアマゾンのキンドル発売をきっかけに、アメリカの出版業界事情を日本に向けてレポートするようになった。著作に『ルポ 電子書籍大国アメリカ』(2010年、アスキー新書)、それをアップデートしたEブックなどがある。

関連記事

米オーディブルが和解に応じて期限切れのキャンセル分を返却  アマゾン傘下のオーディオブックサービス、オーディブルが2件の集団訴訟で和解した。  この訴訟は Audible.com のアカウントをキャンセルした時や、ギフト会員期間が過ぎるとオーディオブックと交換できるクレジットが失われることを、ユーザーに伝えてなかったという内容だった。米連邦の商業法で...
クラウドレストラン評の先駆け、ザガット・ガイドが紙版で復刻  えんじ色の縦長の冊子で毎年エリア別のレストランがランク付けされる「ザガット・ガイド」がこの秋、復活するとニューヨーク・タイムズが伝えている。  2016年で冊子型のガイドを作るのを止め、オンラインに移行していたザガットだが、今秋発表される2020年度のサーベイ結果は、まずはニューヨーク版をプ...
マイクロソフトがEブックを終了、購入分は払い戻しへ  2017年4月にスタートしたマイクロソフト・ストアのEブック(当時の記事)は、4月2日付で閉店した。7月以降は既に購入した本も読めなくなることとなり、ユーザーがこれまでに購入した全てのEブック分は払い戻しされる。  新たにEブックを購入することはできないが、払い戻しが処理される7月まで購入分...
フェイスブックがコンテンツ代を払うという発言に沸き立つ出版業界  フェイスブックなどのSNSが無料でニュース記事が読めるプラットフォームとして定着し、窮地に追いやられていた米マスコミ業界だが、マーク・ザッカーバーグCEOの「これからはニュースコンテンツに金を出す」という発言を注意深く見守っている、とビジネスニュースサイトの「ビジネス・インサイダー」が伝えている。...
Eブックよりも紙の本の方が子どもとの絆が深まるという研究結果  小さい子どもにはタブレットより紙で本を読む方が親との触れ合いが高まるという研究結果が出たと、ニューヨーク・タイムズ紙が伝えている。  早い時期での読み聞かせによる神経発達、教育成果、社会性向上の利益は既に指摘されているが、最新の研究結果では、紙の本の方が親子の絆を深めるのにより良いとする結果...
セミナー「アメリカに日本のマンガを輸出する」4月22日東京で開催(松井剛/日本電子出版協会)...  一般社団法人日本電子出版協会は4月22日、セミナー「アメリカに日本のマンガを輸出する」を東京で開催する。登壇者は同名著作を3月14日に有斐閣から刊行した、一橋大学大学院経営管理研究科教授 松井剛氏。 イベント概要 日時 2019年4月22日(月)15時から17時30分(14時30分受付開...
アップルの米定額読み放題サービスに参加した雑誌出版社、拒否した新聞社  3月25日にアップルが発表した「アップル・ニュース・プラス」という定額読み放題(毎月10ドル)サービスには300誌ほどの雑誌が参加したが、新聞は3紙(ロサンゼルス・タイムズ、トロント・スター、ウォール・ストリート・ジャーナル)しかない。新聞業界ではここ10年ほど、リストラや、広告費の減少や、部数の...
いちから始めるアメコミ出版社に勝算はあるか?  アメリカン・コミックといえば、バットマンのDCコミックスと、スパイダーマンのマーベル・コミックス2社の複占市場に近い。そこに新しいプレーヤーが入っていけるだろうか?とニューヨーク・タイムズがコミック出版社を紹介している。  2大コミック社以外では、ロバート・カークマンが描く『The Walk...
米ヴィズ・メディアが現地のマンガ系グラフィック・ノベルの新インプリント設立  小学館と集英社がアメリカのサンフランシスコで立ち上げたマンガ出版社ヴィズ・メディア(Viz Media)が、日本のマンガやアニメに影響を受けたアーティストらによるオリジナルのグラフィック・ノベルを刊行するインプリント「ヴィズ・オリジナル(Viz Originals)」を創設すると業界誌パブリッシャ...
米アマゾンが自閉症のニセ科学本を削除  アマゾンが第三業者による「マーケットプレイス」から、自閉症治癒として非科学的な療法を掲げた本を削除したと、NBCなどの米マスコミが伝えている。  二酸化塩素の効果で191人の子どもが治ったなどとする「Healing the Symptoms Known as Autism(自閉症の症状を治す...