紙の書籍・雑誌のデジタル化代行と背表紙インターフェースのクラウド書棚を提供する「アスパラ シェルフ」サービス開始

アスパラ シェルフ

[この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。]

 イースト株式会社は10月15日、マイクロコンテンツ株式会社とともに、個人の本棚・図書室・資料室・図書館などの書籍・雑誌・論文・資料などのデジタル化と、背表紙インタフェースのクラウド書棚による閲覧サービス「アスパラ シェルフ(asparashelf)」の開始を発表した。価格は1000冊以上一括の場合で1冊1800円から。

 サービス内容は、以下のとおり。

  • 書籍のデジタル化:裁断し画像PDFを作成(裁断しないオプションもあり)
  • 背表紙と書誌の設定:背表紙と表紙を撮影し、書名・著者名・出版社・ISBNなどの基本書誌情報を設定
  • クラウド書棚の提供:ログインIDとパスワードで管理されたクラウド本棚でデジタル化した書籍を閲覧
  • 検索情報:目次作成、索引作成、本文テキスト検索等をオプション対応
  • 著作権処理:企業内図書館など共同利用する場合は、著作権者の権利許諾処理を代行

 一般に、個人が所有する書籍等を自分用に複製する場合(私的使用)以外は、著作権法上、著作権者の許諾が必要となる。つまり、たとえば企業内図書館を電子化する場合などは権利処理が必要で、「アスパラ シェルフ」でも別途、権利処理のための料金が必要となる。権利処理は、マイクロコンテンツが担当する。

 学会員が相互に許諾することにより、学会専用の電子図書館を作成するといった用途も想定されているとのこと。出版社向けには、電子書籍やPODで販売するためのデータとしての利用も想定されているそうだ。

参考リンク

イーストのプレスリリース
https://www.est.co.jp/press/181015

渡辺由佳里×藤井太洋

HON.jp News Blogは、みなさまからの寄付金協賛金会費などによって運営されています。
About 鷹野凌 111 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)