文系研究者向け出版支援サービス「アスパラ」と、理系研究者向け出版支援サービス「近代科学社DIGITAL」が展開開始

アスパラ
noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

 株式会社インプレスR&Dは9月12日、イースト株式会社と株式会社マイクロコンテンツとの業務提携により、主に文系の研究者が学術書や専門書を1冊から出版できる支援サービス「アスパラ」の開設を発表した。ブランドオーナーはイーストで、編集はマイクロコンテンツ、制作と流通をインプレスR&Dの「NextPublishing」が担当する。

 「アスパラ」は、少部数しか見込めない専門的な分野でも出版ができるよう、注文に応じて印刷・製本するプリントオンデマンド(POD)と電子書店で本を流通させるサービス。在庫を持たないデジタル出版なので、いつでも改訂が可能で、絶版もない。ISBNコードも付与される。紙版の判型は横組がB5判、A5判、四六判。縦組がA5判、四六判。100ページから300ページ程度が想定されている。小売希望価格は相談の上決定するが、200ページで2000円程度が想定されている。

 出版に必要な協力金はコースによって異なり、原稿点検不要で誤字脱字の指摘程度のAコースで30万円から、法令点検や出典引用チェックなどを行うBコースで50万円から、未完成原稿の編集プロデュースを行うCコースで80万円から。印税はPODが希望小売価格の15%、電子が希望小売価格の20%だが、コースによっては割合が前後する。

 なお、インプレスR&D「NextPublishing」と近代科学社は8月に、理系研究者向けの類似出版支援サービス「近代科学社DIGITAL」を立ち上げている。

参考リンク

アスパラ公式サイト
https://asparabooks.com/
近代科学社DIGITAL公式サイト
https://www.kindaikagaku.co.jp/kdd/

noteで書く

広告

About 鷹野凌 293 Articles
HON.jp News Blog 編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学の講師で、デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習を担当。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: / / / / /

関連コンテンツ