オトバンクがオーディオブック利用傾向アンケート調査の結果を発表 ~ オーディオブック利用者の約半数が「読書する機会が増えた」と回答

オーディオブック白書

 株式会社オトバンクは8月2日、オーディオブックの利用者を対象としたアンケート調査結果を発表した。47%が「読書する機会が増えた」、14%が「オーディオブックをきっかけに原作を読んだ」、10%が「本屋や図書館に行く機会が増えた」と回答しており、オーディオブックの利用をきっかけに、読書習慣が活発になっている傾向が見てとれる。

 このアンケートは、同社が運営するオーディオブック配信サービス「audiobook.jp」の利用者を対象に、6月23日から29日にかけてインターネットを通じて行われた。サンプル数は1698名。オーディオブックの利用シーンは「移動中」が58%と最多で、他にも「家事中」「運動中」「入浴中」「育児中」など、なにかをやりながら使用する「ながら読書」が中心。いちばんの魅力は「時間を効率化できる」が50%と最多。

 オーディオブック利用のきっかけは、「時間の有効活用のため」と答えた人が最多。ほかにも「老眼や視力低下で本を読むのが難しい」「読書が苦手だった」「日本語学習のため」「好きな声優が読んでいるから」「子どもが生まれて読書時間をとるのがむずかしくなった」などが挙げられている。

参考リンク

オーディオブック白書(オトバンク「audiobook.jp」内特設ページ)
https://pages.audiobook.jp/special/hakusyo/index.html

投稿者: 鷹野凌

フリーライター/ブロガー。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)