電子図書館「Rakuten OverDrive」が神戸市と大阪市で試験導入開始

OverDrive Japan

《この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です》

 株式会社メディアドゥと、楽天株式会社とその子会社の米OverDrive社が連携して進めている「OverDrive Japan」は、6月に電子図書館「Rakuten OverDrive」に関する協定を神戸市、大阪市と相次いで締結。神戸市は6月22日から、大阪市は7月2日からサービス提供を開始した。政令指定都市では浜松市に次ぐ2件目、3件目の事例で、国内市町村の公共図書館では12件目、13件目の事例となる。

 神戸市では、神戸市立図書館の図書館カードを所持していれば、図書館窓口で電子図書館専用のIDとパスワードを発行することにより、ユーザー自身のタブレットやスマートフォン・パソコンから、時間や場所を問わずに電子図書館を利用できる。ラインアップは、日本語図書約1000点、英語図書約500点、青空文庫約1万点からスタート。英語図書の一部は、音声読み上げ機能「Read-Along」にも対応している。2年間の試験的導入期間中に、1万3000点程度まで増やす予定とのこと。

 大阪市では、大阪市の図書カードを所持していれば、各市立図書館計24館の窓口で電子図書館専用のIDとパスワードを発行することにより、ユーザー自身のタブレットやスマートフォン・パソコンから、時間や場所を問わずに電子図書館を利用できる。大阪市は導入の目的を「ICTを活用した読書習慣の醸成・普及と、英語学習」としており、ラインアップは音声読み上げ機能「Read-Along」対応図書約150点を含む、英語の絵本や児童書約400点からスタート。試験的導入期間中に、2000点程度まで増やす予定とのこと。

 「Rakuten OverDrive」は、米国公共図書館の90%以上に導入されている電子図書館サービス。取り扱いコンテンツは100言語以上300万点超で、日本ではそのうち和書を含む160万点以上を提供している。

参考リンク

楽天、神戸市と協定締結のリリース
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0613_01.html
楽天、大阪市と協定締結のリリース
https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2018/0625_02.html
メディアドゥホールディングスのリリース
https://www.mediado.jp/group/2282/
KOBE電子図書館 by Rakuten OverDrive
http://kobe.lib.overdrive.com/
電子書籍 by Rakuten OverDrive(大阪市)
http://osakacity.lib.overdrive.com/

HON.jp News Blogは広告費のほか、みなさまからの寄付金会費などによって運営されています。

スポンサードリンク

About 鷹野凌 205 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人HON.jp 理事長。明星大学/二松學舍大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル編集論/表象メディア演習/デジタル出版論/デジタル出版演習/を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)

関連記事

紀伊國屋書店の学術電子図書館サービス「KinoDen」が、クラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」と連携...  株式会社紀伊國屋書店は3月25日、学術書を中心とした電子図書館サービス「KinoDen(キノデン) Kinokuniya Digital Library」に、株式会社インフォシティが新開発したクラウド型電子書籍リーダー「bREADER Cloud」アプリを連携させたことを発表した。  「Ki...
アイタロー×ナカシマ723×鈴木みそ「報奨金総額2000万→5000万のKindleインディーズトップ体験談トーク」3月23日開催(マンガ新聞)...  株式会社メディアドゥのマンガ新聞は3月23日、トークイベント「報奨金総額2000万→5000万のKindleインディーズトップ体験談トーク」を開催する。登壇者はマンガ家のアイタロー氏とナカシマ723氏。聞き手は鈴木みそ氏。 イベント概要 日時 2019年3月23日(土)15時から16時3...
電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に  株式会社日本電子図書館サービスは3月8日、同社が提供する電子図書館サービス「LibrariE(ライブラリエ)」の導入館が、100館に到達したことを発表した。取引出版社数は97社。取り扱いコンテンツ数は約4万8000点で、今後も月間1000点から1500点程度の増加予定になっており、2019年中には...
出版デジタル機構がメディアドゥを吸収合併し電子取次事業などの集約予定を発表 ~ 存続会社は名称をメディアドゥに変更、新設立の出版デジタル機構がW3CやJPOなどと連携協力...  株式会社メディアドゥホールディングスは1月15日、連結子会社の合併に関するお知らせを発表した。株式会社出版デジタル機構が株式会社メディアドゥを3月1日に吸収合併し、電子書籍取次などの既存事業を集約する。合併後の法人名は、出版デジタル機構からメディアドゥへ変更される。また、新たに同名企業の出版デジタ...
アプリ決済「楽天ペイ」が全国の丸善ジュンク堂書店へ導入  楽天株式会社は12月6日、同社が運営するスマートフォンアプリによる決済サービス「楽天ペイ」が、株式会社丸善ジュンク堂書店が運営する全国73店舗の書店へ導入されたことを発表した。  楽天ペイは、スマートフォンアプリで支払いができるサービス。レジでの会計時に楽天ペイアプリのバーコードを提示、読み...
要約を活用した読書コミュニティ「flier book labo」が3月から開始、無料体験会の参加申込み受付中...  本の要約サイト「flier」を運営する株式会社フライヤーは12月19日、要約を活用した読書コミュニティ「flier book labo」を3月から正式スタートすることを発表した。2月に2回実施される無料体験会の参加申込み受付が開始されている。  フライヤーは、メディアドゥグループでメディア・...
デジタル図書館貸出カードはアメリカの非識字率低下に貢献できるか  アメリカでは1億6000万人が図書館貸出カードを持っておらず、1600万人が字を読めず、その根幹にあるのは収入格差問題だと指摘されている。ひとつの対策として、オーバードライブ社が手がける Instant Digital Card プログラムでは、この15ヶ月間で6万5000人のユーザーを獲得したと...
電子図書館「青空文庫」を支援する「本の未来基金」が著作権の保護期間延長への考えを公表 ~ 「責任を追及するより、私たちと共に未来への責任を果たして頂きたいと願います」...  だれもが自由に利用できる電子図書館「青空文庫」の活動を資金面で支援する「本の未来基金」は11月12日、著作権保護期間延長に関する考えを公表した。経緯について抗議をしつつも、責任を追及するより、ともに未来への責任を果たしていこうと呼びかけている。  この声明は、政府が10月30日に、TPP11...
著しく短縮して語る著作権延長問題の歴史と、これからどうなり、何をしていくのか  本稿は、クリエイティブ・コモンズ 表示-非営利-改変禁止 4.0国際(CC BY-NC-ND 4.0)ライセンスに基づき、骨董通り法律事務所 for the Arts 弁護士 福井健策氏のコラムを転載しています。 驚くほど淡々と、最後の60日間は始まった。 複数報道されましたね。前回報...
電子図書館サービス導入数は78館81自治体に ~ 電流協『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』...  一般社団法人電子出版制作・流通協議会(以下、電流協)は10月29日、公共図書館の電子図書館サービス利用状況に関する調査レポートの最新版『電子図書館・電子書籍貸出サービス調査報告2018』を11月10日に発行することを発表した。今回のアンケート調査によると、電子図書館サービスを導入している公共図書館...