見開き表示対応電子ペーパー端末「全巻一冊」に3作品が追加、TSUTAYAと蔦屋書店にて数量限定で予約販売を開始

全巻一冊

 設計開発やデジタルソリューション事業を展開するプログレス・テクノロジーズ株式会社は、見開き表示対応の電子ペーパー端末「全巻一冊」をコンテンツカセット式にバージョンアップ。ラインアップに3作品を追加し、7月14日よりTSUTAYAおよび蔦屋書店の計5店舗にて、数量限定の予約販売を開始した。

 2017年9月に発表された「全巻一冊 北斗の拳」は、電子ペーパー端末と『北斗の拳』(武論尊・原哲夫/ノース・スターズ・ピクチャーズ)日米版18巻のセット。クラウドファンディングプラットフォーム「Kickstarter」で、2000万円を超える資金到達に成功した。A5単行本サイズの筐体に7.8インチの電子パーパー2枚が埋め込まれており、見開き表示できるのが特徴。外装は紙で、表紙カバーも付いている。

 コンテンツカセット式にバージョンアップされた「全巻一冊」本体は、1店舗につき200台の限定発売で税別3万5000円。作品ラインアップは以下のとおり(価格はいずれも税別)で、1作品につき1000セット限定。『北斗の拳』以外は、日本語版のみとなる。なお、8月には追加タイトルの発表が予定されている。

  • 『沈黙の艦隊』32巻+『ジパング』43巻(かわぐちかいじ/講談社):3万7500円
  • 『シティーハンター』32巻+読切2話(北条司/ノース・スターズ・ピクチャーズ):1万9700円
  • 『北斗の拳』日米版18巻(武論尊・原哲夫/ノース・スターズ・ピクチャーズ):1万5300円
  • 『ミナミの帝王』100巻+「ヤング編 利権空港」3巻(天王寺大・郷力也/日本文芸社):1万円

 今回は実店舗のみでの予約販売となる。受付店舗は、東京都のSHIBUYA TSUTAYA、銀座 蔦屋書店、TSUTAYA BOOKSTORE 五反田店。大阪府の梅田 蔦屋書店。福岡県の六本松 蔦屋書店。発送予定は8月8日。

参考リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000012977.html
全巻一冊公式サイト
https://progresstech.jp/zenkan/

藤井太洋の頭の中
About 鷹野凌 87 Articles
HON.jp News Blog編集長。NPO法人日本独立作家同盟 理事長。明星大学/実践女子短期大学 非常勤講師(デジタル出版論/デジタル出版演習/デジタル編集論を担当)。出版学会員/デジタルアーカイブ学会員。主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(インプレス・2015年)