英国の市場調査会社Ovumが予測「2020年、全世界で見ると電子書籍の売上シェアは35%程度に」

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英国のメディア業界ニュースブログ「The MediaBriefing」によると、同国のIT市場調査会社Ovum(本社:英国ロンドン市)が電子出版市場に関する市場予測レポートを発売するとのこと。

 この「Digital Consumer Publishing Forecast」によると、英国の書籍市場における電子書籍の売上寄与率は20%(2015年)→63%(2020年)、米国も41%(2015年)→63%(2020年)に上昇すると予測。世界全体でならすと、17%(2015年)→35%(2020年)になると見込んでいる。

 ただ、雑誌・新聞については、書籍ほど急速なペースで電子化は期待できないとのこと。【hon.jp】

問合せ先:英MediaBriefingの記事( http://www.themediabriefing.com/article/digital-dominates-the-conversation-but-for-the-publishing-industry-in-2020-print-will-still-dominate-revenues

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: