米国の電子書籍出版社ベンチャーSerial Box Publishing社、テレビドラマのように複数作家がチーム編成で毎週1話ずつ配信

【編集部記事】米Wiredサイトが、テレビドラマの制作現場を参考に、1週間で1話ずつ電子書籍を追加配信するベンチャーSerial Box Publishing社(本社:米国ニューヨーク州)を紹介している。

 Serial Box Publishing社は昨年創業した電子書籍ベンチャーで、テレビドラマのように毎週1話(40分程度の読書時間を想定)ずつ配信する方式。そのため、一般的な書籍のように1人の作家ではなく、7〜10名の作家チームを編成し、会議・執筆分担制で締め切りをこなす体制となっている。テレビドラマでもそうであるように、読者からの反応を見ながらストーリー調整していくため、エンディング内容やタイミングは事前には決定されていないとのこと。【hon.jp】
問合せ先:Wired.comの記事( https://www.wired.com/2016/09/serial-box-books-like-tv/

【PR】配信中の無料作品【テスト中】