Penguin Random House英国法人、販売中の電子書籍23,500タイトルすべてを公共図書館の貸し出し対象に

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】英The Booksellerによると、英語圏の出版社最大手Penguin Random House社(本社:米国ニューヨーク州)の英国法人が、現在同国で販売中の電子書籍23,500タイトルすべてを、公共図書館向けの販売対象とすることを決定した模様。

 同社は図書館向けへの電子書籍販売を強化しており、先週には、北米圏を含め新年1月1日をもって図書館向けライセンス方式もライセンス消滅期限ナシ(+電子書籍プラットフォームベンダーを変更してもその権利を保障)に統一することも発表済み。

 英国法人では、今回の全タイトル開放はトライアル実験の1つしており、電子書籍の新作については、発売日から3カ月遅れで逐次対象に加えていく予定。【hon.jp】

問合せ先:英The Booksellerの記事( http://www.thebookseller.com/news/all-prh-ebooks-available-for-loan-317932

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事