米作家団体The Authors Guild、Penguin Random House社誕生に独占禁止法違反の可能性があると示唆

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国の作家団体の1つであるThe Authors Guild(本部:米国ニューヨーク州)は現地時間の11月5日、先月末に発表された大手出版社の米Random House社(独Bertelsmannグループ)と英Penguin社(英Pearsonグループ)の合併について、警告の表明をした。

 The Authors GuildのScott Turow代表によると、2社合併によって誕生する「Penguin Random House社」は米国市場のフィクション小説・ノンフィクション小説部門で35%以上のシェアを占有することになるとのこと。そのため、The Authors Guildでは現在、独占禁止法違反の可能性があるとして米司法省もしくはFTC(連邦取引委員会)に調査要請を申請することを検討中とのこと。【hon.jp】

問合せ先:The Authors Guildのブログ( http://blog.authorsguild.org/2012/11/05/scott-turow-on-penguin-random-house/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: