Amazon傘下の大手読書コミュニティサイト「Goodreads」が作家個人への中傷レビューを禁止へ、ユーザーが反発

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米国ITニュースサイト「GigaOm」によると、Amazon傘下で英語圏最大の読書コミュニティサイト「Goodreads」(本社:米国カリフォルニア州)が読者レビュー投稿規約を改訂し、多くのユーザーからの批判を受けているとのこと。

 Goodreads.comは2007年にオープンした読書マニア向けのコミュニティサイトで、会員数は1,600万人。Amazon APIと連携して会員同士でお薦め書籍を紹介したり、読書リスト作成などが行なえる。

 記事によると、Goodreads.com側は作品内容とは関係のない、作家個人を中傷するレビュー記事やタグ付けを自動削除できるよう規約を改訂。これに対し、多くのユーザー側は検閲であるとして反発しているという。【hon.jp】

問合せ先:GigaOmの記事( http://gigaom.com/2013/09/23/goodreads-growing-pains-attempt-to-curtail-author-bullying-angers-many-users/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告