旧Galaxy TabタブレットにKindle FireのUI環境をまるごと移植したユーザーが登場、なんとか動作

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】米IT系ニュースサイト「GigaOm.com」の投稿によると、韓国Samsung社が全世界的に昨年発売した7インチ型Androidタブレット機「Galaxy Tab」にAmazonの電子書籍タブレット「Kindle Fire」のUIソフトウェア群の移植がある程度可能であること。

 記事によると、Kindle Fire自体も同じAndroid OSマシンであるため、移植は比較的簡単で、Silkブラウザ以外は問題なく動作している模様。フォントデザインが合わないことや、動作が若干不安定という現象があるものの、Kindle Fireのログイン画面や独自UIも動作しており、Amazon App Storeも使えているという。【hon.jp】

問合せ先:gigaom.comの報道( http://gigaom.com/mobile/so-i-turned-my-galaxy-tab-into-a-kindle-fire/

広告

著者について

About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: