サムスン電子がAndroidタブレット「Galaxy Tab」を発表、Kobo・Zinio両社の電子書籍ビューワも搭載

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】韓国の家電最大手のサムスン電子(本社:韓国ソウル市)は9月2日、同社初のAndroindタブレット端末「Samsung GALAXY Tab」を発表し、Kobo社(本社:カナダ・オンタリオ州)およびZinio社(本社:米国カリフォルニア州)の電子書籍ビューワーアプリを標準搭載することを明らかにした。

  Galaxy Tabは、サムスン電子初のiPad対抗商品となるもので、7インチ型タッチスクリーン液晶ディスプレイとAndroid 2.2を搭載。KOBO製アプリはKOBO社を介してEPUB/PDF電子書籍(Adobe DRM付与)が購入・閲覧できるようになっており、アジア圏の言語でつくられた作品にも対応しているとのこと。Zinio製アプリは電子雑誌を中心にコンテンツが購入・閲覧できる。

 なお、Galaxy Tabは10月中をメドに欧州市場で単体価格799ユーロ(約8.6万円)程度で発売される予定で、その他地域については具体的な予定は明らかにされていない。【hon.jp】n

問合せ先:独Zdnet.deの記事( http://www.zdnet.de/news/wirtschaft_investition_hardware_ifa_samsung_galaxy_tab_kostet_799_euro_story-39001021-41537186-1.htm

広告

著者について

About hon.jp Staff 7938 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ: / /