PWYW電子書籍販売サイト「言い値書店」、作家から要望を受けブログパーツ作成機能を追加

noteで書く

《この記事は約 1 分で読めます》

【編集部記事】フリープログラマーのfujinyo氏は3月13日、1月30日にオープンしたばかりの日本初の“言い値”モデル(Pay what you want、略称:PWYW Model)電子書籍販売サイト「言い値書店」の機能アップグレードを実施し、無料のブログパーツ出力機能を追加した。

なお、弊社hon.jpのシステム部でも、同サイト上でEPUB電子書籍「個人作家のためのPWYWモデル入門〜“電子”書籍という呼び方がなぜ本質的に正しいのか〜」を公開実験中なので(今週末にコンテンツ更新予定)、さっそく上記のとおり貼り付けてみた。

作家だけでなく、ファン読者も自由に貼り付けることが可能だ。【hon.jp】

問合せ先:言い値書店の告知( http://www.iineshoten.com/blog/blog-parts/

noteで書く
HON.jp の事業を賛助するサポート会員/法人会員募集中! 特典など詳細はこちら

広告

About hon.jp Staff 7889 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事