英出版社団体Publishers AssociationのMollet代表「もはや時代の主流は電子書籍だ」

noteで書く

《この記事は約 2 分で読めます》

【編集部記事】英国のビジネスニュースブログ「StrategyEye」によると、出版社団体The Publishers Association(本部:英国ロンドン市)のRichard Mollet代表が「もはや時代の主流は電子書籍だ」との見解を示したとのこと。

 The Publishers Associationでは今月9月18日に会員出版社を対象とした2012年前半の市況報告を発表し、大人向けフィクション部門の売上が1.88倍、児童書部門が1.71倍、大人向けノンフィクション部門1.28倍など電子書籍部門が相変わらずハイペース成長を維持していることをを明らかにしたばかり。

 Richard Mollet代表は記事中で「デジタル音楽業界と比較して、電子書籍業界がかろうじて幸いわいだったのは、成長の口火を切ったのがNapsterのようなP2Pソフトではなく、AmazonというECサイトだったことだ」ともコメントしている。 【hon.jp】

問合せ先:英StrategyEyeの記事( http://www.strategyeyedigitalmedia.com/article/2012/09/21/e-books_now_the_mainstream_of_publishing/

noteで書く

HON.jp News Blogをフォローする

広告

著者について

アバター
About hon.jp Staff 7890 Articles
株式会社hon.jp(2018年3月31日で解散)スタッフによる記事のアーカイブです。ニュースメディア「hon.jp DayWatch」はNPO法人HON.jpが事業継承し、2018年10月1日より「HON.jp News Blog」へ名称変更、リニューアルして運営しています。リンク先が消えている場合は、Wayback Machineなどを利用すると、当時の記事が掘り出せるかもしれません。
タグ:

関連記事&広告