2022年上半期出版市場(紙+電子)は8334億円で前年同期比3.5%減、電子は2373億円で8.5%増 ~ 出版科学研究所調べ

上半期出版市場(紙+電子)推移グラフ

《この記事は約 3 分で読めます》

 公益社団法人全国出版協会・出版科学研究所は7月25日、2022年上半期(1月から6月累計)の書籍・雑誌分野別動向と電子出版市場調査結果を『出版月報』7月号で発表した。紙+電子の出版市場は8334億円で、前年同期比3.5%減。うち電子出版市場は2373億円同8.5%増と、伸びが鈍化している。

 紙の出版物推定販売金額は5961億円(同7.5%減)で、3期ぶりの減少傾向となっている。なお、出版科学研究所推計の紙の出版物販売額は取次ルートのみで、直販や書店との直接取引は含まれない。

書籍

 紙の出版物のうち、書籍は3526億円(同4.3%減)。文芸、ビジネス、文庫本、新書、学参など主要ジャンルがいずれも前年割れとなり、これまで好調だった児童書も約3%減少している。

雑誌

 また、雑誌は2434億円(同11.8%減)。雑誌のうち月刊誌(コミックス・ムック含む)は2033億円(同12.8%減)、週刊誌は401億円(同6.3%減)。月刊誌のうち、月刊定期誌は約5%減、ムックは約1%減、コミックスは約26%減と大きく減少している。

コミックス

 コミックスは、2020年は『鬼滅の刃』(集英社)、2021年は『呪術廻戦』(集英社)や『東京卍リベンジャーズ』(講談社)などのメガヒットが牽引したぶん、2022年の前年比は大きく減少となった。ただ、2019年比では約10%増となっている。『SPY×FAMILY』(集英社)』など新たなヒットも数多く出ているとのこと。

電子

 電子出版市場は、電子コミックが2097億円(同10.2%増)、電子書籍(文字ものなど)が230億円(同0.4%減)、電子雑誌が46億円(同13.2%減)。出版科学研究所は「コロナ禍の巣ごもり需要で増加したユーザー数の伸びが落ち着き、市場は成熟期に入ったと見られます」とコメントしている。

 2021年の上半期は、「DMMブックス」が実施したキャンペーンの販売効果がとくに顕著だった。その影響で2022年は、電子書籍が微減になったという。ただ、ライトノベル、写真集などは引き続き好調とのこと。電子雑誌は読み放題サービスの減少が続いている。

 電子コミックは、メガヒット作品こそ少なかったが、「ピッコマ」などマンガアプリの売れ行きが非常に好調で、縦スクロールコミックの伸びも目立ったという。

参考リンク

出版科学研究所のプレスリリース

広告

著者について

About 鷹野凌 674 Articles
HON.jp News Blog 編集長 / NPO法人HON.jp 理事長 / 明星大学でデジタル編集論・二松學舍大学でエディティング・リテラシー演習担当の非常勤講師 / 日本出版学会員 / デジタルアーカイブ学会員 / 主な著書『クリエイターが知っておくべき権利や法律を教わってきました。著作権のことをきちんと知りたい人のための本』(2015年・インプレス)
タグ: /

0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る