日刊出版ニュースまとめ 2021.09.09

角川武蔵野ミュージアム 本棚劇場

《この記事は約 5 分で読めます》

 伝統的な取次&書店流通の商業出版から、インターネットを活用したデジタルパブリッシングまで、広い意味での出版に関連するニュースをデイリーでまとめています。

国内

日本電子出版協会(JEPA)、「学校デジタル図書館」を推進するキャンペーンを開始:特設ウェブサイトをオープン〈カレントアウェアネス・ポータル(2021年9月8日)〉

映画にAI脚本の新風 日本初、演出家らに刺激〈日本経済新聞(2021年9月8日)〉

人工知能(AI)が作成した脚本をもとに短編映画づくりが進んでいる。AI脚本による実験的な映像作品は海外で先行例があるが、普通の観客が見て楽しめる面白さや親しみやすさと、人間と機械の共作から生まれるストーリーの新鮮さを兼ね備えた作品を目指している点で先駆的な挑戦だ。映画や映像コンテンツの制作に新風を吹き込む試みといえる。来年3月に大阪アジアン映画祭で公開を予定している。ベンチャー企業のAles(

【Hothotレビュー】オフィスで使えるE Inkの25.3型ディスプレイ、DASUNG「Paperlike 253」を試す〈PC Watch(2021年9月8日)〉

 DASUNGの「Paperlike 253」は、E Ink電子ペーパーを採用した、25.3型のディスプレイだ。一般的なデスクトップ用のディスプレイとほぼ同じ外観、同等の画面サイズでありながら、E Ink電子ペーパーを採用していることが大きな特徴だ。

Mantraと大日本印刷がマンガ用AI翻訳エンジン開発、大日本印刷独自のマンガ多言語化システムに搭載〈TechCrunch Japan(2021年9月8日)〉

大日本印刷(DNP)は、9月8日、マンガに特化したAI翻訳サービスを展開するMantraと共同で、マンガのためのAI翻訳エンジンを開発したと発表した。これは、DNPが独自に開発したマンガを多言語化するシステム「DNPマンガオンラインエディトリアルシステム MOES(モエス)」に搭載されるもの。2021年度中の実用化..

中国の巨大音声プラットフォーム「喜馬拉雅」、日本事業縮小で音声配信機能停止〈36Kr Japan(2021年9月8日)〉

健全な広告主やサイトほど損をする…「医師がおすすめ」という違法広告がネット記事に貼りつく根本原因 「レコメンドウィジェット」の功罪〈PRESIDENT Online(2021年9月8日)〉

ネットで記事を読んでいると、「医師がおすすめ」といった広告表現を見ることがある。これらは薬機法違反の疑いが強いが、ネット広告の構造上の問題から放置されている。違法広告の実態に詳しいデトリタスの土橋一夫社長は「最大の問題は広告主ではなく、広告枠を管理するレコメンドウィジェットにある」という。今回、プレジデントオンラインでは違法とみられる広告を表示していた2社に質問状を送り、回答を求めた。土橋氏のリ...

人気本次々と…重版率63%の出版社 「ネタは地方にこそ」創立5周年のライツ|明石〈神戸新聞NEXT(2021年9月8日)〉

 出版社の約9割が東京に集中する中で地方の兵庫県明石市に根を張り、社員6人の小所帯ながら、重版率は63%という驚異的な売れ行きの本を手掛ける「ライツ社」(同市桜

マンガのAI翻訳システムをMantra社と開発〈大日本印刷株式会社のプレスリリース(2021年9月8日)〉

大日本印刷株式会社のプレスリリース(2021年9月8日 10時23分)マンガのAI翻訳システムをMantra社と開発

学校デジタル図書館特設サイト〈日本電子出版協会(JEPA)(2021年9月8日)〉

日本電子出版協会(JEPA)では、「学校デジタル図書館」を提言しています。これが実現するように国や文科省、図書館関係の方々、学校関係の方々、出版社の方々に働きかけをしています。実現のためには、皆さんの賛同が大きな力になります。

取次に対して今思うこと〈瀬迫 貴士|note(2021年9月7日)〉

書店単体で経営が成り立たないかを考えるようになり、書店員さんに伺うことも情報交換の機会も増えてきました。 長らく続く出版不況の中でどうやったら書店経営が成り立つのかを考えるにあたり、多くの書店員さんが言及されたのが「取次」に関してです。 取次とは出版業界の卸です。 だいぶ前の記事で書きましたがお店を始めたばかりの素人として、Amazonでは早く入荷できるのに取次経由だと倍以上の時間がかかったり、お...

デジタル庁、GIGAスクール構想についてのアンケートの取りまとめ結果を公表:学校図書館にも言及〈カレントアウェアネス・ポータル(2021年9月7日)〉

「デブは恋愛対象外」見た目のコンプレックスを煽る「マンガ広告」の深刻な問題点(A4studio)〈マネー現代(2021年9月7日)〉

外見のコンプレックスを煽るようなマンガ広告をYouTubeで見た経験はないだろうか? そういった「コンプレックス広告」は視聴者の購買意欲を大きくかき立てる一方で、最近ではルッキズムを煽るとして問題にもなっている。コンプレックス広告について、専門家に話を聞いた。

GIGAスクール構想についてのアンケートの取りまとめ結果を公表しました〈デジタル庁(2021年9月3日)〉

デジタル庁は、デジタル社会形成の司令塔として、未来志向のDXを大胆に推進し、デジタル時代の官民のインフラを今後5年で一気呵成に作り上げることを目指します。

世界

【レビュー】Booxタブレットは拡大する電子書籍リーダー市場で歓迎される選択肢〈TechCrunch Japan(2021年9月7日)〉

電子ペーパーデバイスに関して言えば、Kindleはもちろん人々が最初に思い浮かべるブランドだが、筆者はKoboやreMarkableのゴスペルも広めるよう全力を尽くしてきた。中国の電子書籍端末メーカーBooxは、この分野への比較的新しい参入者であり、そのデバイスは実験的だが、モノクロタブレットというニッチ市場では有..

世界アプリ調査で見えた「クリエイターエコノミーの爆発」〈Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)(2021年9月7日)〉

アプリ調査企業のアップアニー(App Annie)の新たなレポートによると、2020年のアプリ業界では、動画やライブストリーミングアプリへの消費者の支出が12億ドルに及ぶブームとなり、パンデミックの中でユーザーの利用時間が爆発的に増加し、「

イベント

JEPA 茶話会ゼミ「アクセシビリティ・アップデート2021」〈JEPA|日本電子出版協会(オンライン)/9月15日〉

Webセミナー「出版・電子出版著作権総講義 第1回」〈JEPA|日本電子出版協会(オンライン)/9月17日〉

ICTの普及を背景にした近年の著作権法改正によって、出版・電子出版の保護の強化と利用の拡大を生じさせようとしています。著作権法政策の変化によって出版・電子出版はどのように変容するかを考えるために、松田政行弁護士が「出版・電子出版著作権総講義...

「『これからの学術情報システム構築検討委員会』におけるこれまでの議論と今後の展望」「新たな図書館システム・ネットワークの構築と展開」〈三田図書館・情報学会(オンライン)/9月18日〉

シンポジウム 「日本のデジタルアーカイブのこれから - 東京大学DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座の軌跡」〈東京大学伊藤国際学術研究センター/10月1日〉

シンポジウム 「日本のデジタルアーカイブのこれから - 東京大学DNP学術電子コンテンツ研究寄付講座の軌跡」 開催 (2021/10/1) 1.趣旨 2015年11月に東京大学大学院情報学環に設置された「DNP学術電子コ … 続きを読む シンポジウム 「日本のデジタルアーカイブのこれから

シンポジウム「図書館とポスト真実」〈未来の図書館 研究所(オンライン)/11月8日〉

HON.jpをフォローして最新情報をチェック!

広告

著者について

About HON.jp News Blog編集部 1064 Articles
HON.jp News Blogは、これからも本(HON)を作ろうとしている人々に、国内外の事例を紹介し、デジタルパブリッシングを含めた技術を提供し、意見を交換し、仮説を立て、新たな出版へ踏み出す力を与えるメディアです。運営は、NPO法人HON.jp メディア部会が行っています。
タグ: / / / / / / / / / / /